SNSで最新情報をチェック

「ラ・ピッコラ・ターヴォラ (La Piccola Tavola)」は1998年に永福町に創業し、関東で初の「真のナポリピッツァ協会」認定店となった。現在ピッツァイオーロとして窯を守るのは、シモーネ・サルナッキアロさん。ナポリ出身で14歳の頃からこの道を歩んできた。[交]京王井の頭線永福町駅北口から徒歩2分

画像ギャラリー

ラ・ピッコラ・ターヴォラ(最寄駅:永福町駅)

「真のナポリピッツァ協会」認定関東第1号店の実力
生地に使用するのは伝統的なカプート社のピッツァ専用小麦粉。それに水や生イースト、新潟から運ばれる海塩だけを加え、8時間〜10時間常温で発酵させる。ナポリから運ばれた石窯で焼き上げれば、香ばしくも小麦の豊かな甘みただよう生地となる。また、ピッツァ以外にもイタリア各地で腕を磨いたシェフの作る力強い郷土料理も自慢だ。

ピッツァ•ピッコラ•ターヴォラ

2600円

ブファリーナ

2100円

ハンガリー産 ウサギ丸肉の白ワイン煮込み

2000円

ラ・ピッコラ・ターヴォラ

電話番号 03-5930-0008

ラ・ピッコラ・ターヴォラの関連記事

かつてない満腹感に調査も難航…でも食べました40数店!
ピッツァ特集を担当した、ライター・菜々山いく子(以下菜)と肥田木奈々(以下肥)、そして編集・武内慎司(以下武)が取材を終えて、印象深かった店や、その他モロモロについて振り返りました。

2015年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...