MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
 銀座の夜に大満足!おすすめ洋食5店(洋食/銀座)

銀座の夜に大満足!おすすめ洋食5店(洋食/銀座)

確かに銀座には高級店が多い。しかし、商業ビルの奥、路地裏などへもリサーチをし、見つけました、リーズナブルで美味しいお店。気軽なイタリアンから気鋭のフレンチまでおすすめ5店をご紹介。美食の街を感じて下さい!

ラ・ボッテガイア【銀座】

クツベラ(和牛希少部位)のロースト 2000円

上腕部分の希少部位で、形が靴ベラのようなのでそう呼ばれるという。軟らかい赤身で和牛独特の甘み。ローズマリーとニンニクでローストしている

定番のパテや和牛のロースト以外にも、山椒やレモングラスといったさまざまな調味料やハーブを駆使した創作イタリアンは秀逸。生姜風味のトリッパや、フレッシュなパクチーをふんだんに使ったジェノベーゼパスタ、客のテーブルで仕上げる焼きたてのフリッタータ(オムレツ)など、固定概念に縛られないシェフの遊び心が随所に散りばめられている。4月上旬にはすぐ近くに魚介系バルを新規オープン。ますます東銀座を盛り上げてくれること請け合いだ。

東京都中央区銀座3-12-15銀座細谷ビル1階 ☎03-6264-3565 [営]11時半~14時LO、18時~22時LO [休]日、祝の月 [席]カウンター4席、テーブル24席、計28席/全席禁煙/予約可(昼は12時までの入店は可)/カード可(VISA、masterのみ)/サなし、チャージ300円別 [交]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅3番出口から徒歩3分

ビストロ・シンバ【銀座】

本日の豚のロースト(2人分) 4104円

取材日は脂身が甘い栃木県さくら市の「あさの豚」を使ったロースト。熱々の南部鉄器で提供する。牛骨を使った斬新な盛り付けは見た目の楽しさ以外にも焼き加減を保つ工夫

 美食家のみならず同業者からも熱い注目を集めるビストロがこちら。フランスの三ツ星店などで約10年間修業した菊地佑自さんが2015年秋にオープンさせた店だ。大事にしているのは料理のシンプルさ、香り、温度。「香り立ち昇る湯気と共に熱々を届けたい」と食材の持ち味を生かした調理法と計算された温度で供してくれる。各地に出向いて選んだ肉や魚は骨まで、野菜は皮も無駄にせずダシやソースに使う。それら食材が一流シェフの手によって最高の状態で味わえる幸せを噛みしめたい。

東京都中央区銀座1-27-8 ☎03-6264-4218 [営]18時~翌1時(24時LO) [休]月、第3火 [席]カウンター4席、テーブル18席、計22席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口から徒歩4分

レストラン ピウ【銀座】

コース(6皿) 5378円(内容は約1ヵ月ごとに変わる)

写真は2016年4月のコース。イタリア・ピエモンテ州で修業した新佛さんが作る料理は、北イタリアの伝統的な料理をベースにしつつ日本人らしい感性を生かした実直で繊細な味が特徴だ。メイン(⑤)の「仔羊背肉の薫製」にはカツオダシで炊いたダイコンを添えるなど、和のテイストをさりげなく取り入れている。手打ちパスタも秀逸で③の「緑のストロッツァプレッティ」はほうれん草を入れたパスタがモチモチとした食感

料理は約1ヵ月ごとに変わり、例えば取材時はアンチョビの代わりにホタルイカの沖漬けをソースにアレンジしたバーニャカウダや、和菓子に使う桜の粉を飾りに添えたデザートなど、食材から盛り付けまで小さな驚きがそこかしこ。ソムリエが料理に合わせて選ぶグラスワインコースもあり、次にどんなペアリングが出てくるかワクワクしながら待つ時間も楽しい。

東京都中央区銀座4-10-1 HOLON-GINZA 8階 ?03-6264-1023 [営]12時~14時半(前日までの予約制)18時~23時(21時半LO)、土18時~22時(20時LO) [休]日、第3月 [席]テーブル13席、計13席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A13出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

【閉店】360 イタリアン レストラン【銀座】

360スタイル カルボナーラ 1080円
インボルティーニ 1296円

カルボナーラは生クリームを一切使っていない。ベトナム産のブラックペッパーとパンチェッタの塩気が合う。インボルティーニはチーズなどの牛肉巻き

中でもカルボナーラはぜひ味わってほしい。生クリームを使わず、卵とチーズだけで作り出す爽やかなコクは一度味わえばもう虜。香り際立つブラックペッパーがピリッと効いている。2016年3月からはモーニングとランチもスタートし、自家製のパニーニなどもメニューに追加。土曜の夜はミュージックライブも行っている。

東京都中央区銀座7-13-2 ?03-6278-8212 [営]9~15時(14時半LO)、17時半~23時半(22時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター18席、テーブル32席、計50席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A3出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

エル ビステッカーロ デイ マニャッチョーニ【銀座】

プラチナビーフ サーロインステーキ100g/1026円(注文は300g~、写真は約300g)

高温と低温のオーブンを使い分け、焼いては休ませるという火の入れ方で絶妙な焼き加減に仕上げる。好みでレモンを搾っていただく。

サーロインとフィレ肉を両方味わえる看板のTボーンをはじめ、上質なオーストラリア産やUSビーフを使うステーキ類はオリーブオイルと塩というシンプルな味付け。とはいえ噛めば滲み出てくるような赤身の旨さは圧巻だ。高温と低温のオーブンを使い分け、旨みを引き出すよう経験と勘で仕上げている。種類豊富な前菜やローマの伝統料理も見逃せない。

東京都中央区銀座3-9-5 伊勢半ビル地下1階 ?03-6264-0457 [営]11時半~14時LO、18時~23時LO [休]月 [席]カウンター6席、テーブル24席、計30席/全席禁煙/予約可/カード可(VISA、master、AMEXのみ)/サなし、チャージ540円別 [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A13出口から徒歩3分

2016年5月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
3288views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt