MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
中華屋の絶品カレー!リピート必至の東京都内おすすめ5店(カレー/東京)

中華屋の絶品カレー!リピート必至の東京都内おすすめ5店(カレー/東京)

ウマさの理由はどこにある?!「中華屋でカレー?そんなの町の食堂ならどこでも食えるし、一緒っしょ」とか、タカをくくっているそこのアナタ、とんでもない!今回ここで紹介する都内中華屋のカレーは、ホントに絶品揃いのリピート必至。その旨さの秘密、こだわりに迫ります! エリア:神楽坂/三宿/高田馬場/青山/南千住 ※ランチタイム有

自由過ぎるルックスに 先入観、破壊される

 思えば中華街しかり。「あそこのカレー、旨いんだよなあ」っていう中華屋は確かに存在する。すでにこの時点で、牛ばらやら、排骨やら、ターメリックカラーなどが脳内に点滅。よだれ中枢が危険なので、早速出発する。お題は「中華屋の絶品カレー」発掘&そのウマさの秘密、である。ていうか、逆もまた真なり! そんな予感とそれを証明したい〝野望〟もあったりして。

 まずは神楽坂、創業明治22年の老舗『龍公亭』でランチメニューにカレーライスを発見。

素早く注文して待つことしばし。「お、おおう?」紛れもなく中華丼ライクなルックスにまずは驚愕。が、「う、うめえ…」。ほんのりスパイシーな香りに誘われて口に運べば、やさしいトロミの中にはリッチな旨みが。しかも、シイタケ、キクラゲ、イカ、エビ、タケノコ……と具沢山。スプーンならぬレンゲが止まらん。

 さすが中国四千年の歴史、味が深~いと早くもヒントをつかむ。このリッチさだよ!

龍公亭の「カレーライス 」【神楽坂】

写真:カレーライス 1200円
シーフードも入った一見中華丼風の具沢山。スパイシーでほどよいとろみ、上品でリッチな旨みがある

 広々開放的な店内で本格的な広東料理を楽しめる創業明治22年の老舗。神楽坂という場所柄かこのカレー、出版社の人々に人気で、口コミで広まったとか(夜は裏メニュー)。「昔過ぎてわからない」が、横浜のカレーを中華風にアレンジしたのが発端とも。前菜からすべて手作りという料理は、それぞれのメニューに角界のファンが多い。カレーは嵐山光三郎さんもイチ押し。

東京都新宿区神楽坂3-5 ☎03-3260-4848 [営]11時~15時、17時~22時 [休]無休(年末年始を除く) [席]テーブル席全93席/分煙(テラス席・個室は喫煙可)/予約可/カード可(夜のみ)/個室ルームチャージ500円(一人) [交]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分、JR総武線飯田橋駅西口から徒歩5分





 して、次は三宿の『新記』へ向かう。食するは「シンガポールカレー」だ。うわお! またスタイルは全然違う。こちらのお店のルーツは香港、中でも潮州料理。で、これ、「香港のベトナム料理屋にあるようなカレー」なのだと。ココナッツミルクの甘い香りに、奥行きのあるスパイシーでさらっとしたスープ。これにほろりと煮込まれたチキンが合う!

 うむ、どこか懐かしい東南アジア系。そ、中国は広い。この自由さとバラエティ感も魅力なんだなあ。

香港麺新記三宿本店の「シンガポールカレー 」【三宿】

写真:シンガポールカレー 800円
ココナッツミルクの甘い風味を感じさせながらも、スパイシーな奥行きがたまらない。さらっとしたスープもいい

オーナー・北浦氏が愛して止まない’70~’80年代の香港で出合った潮州料理の店『新記』。その魅力を日本に伝えるべく21年前にオープンした同店は、味も雰囲気もそんな香港らしさに満ちている。カレーといえば「シンガポールカレービーフン」もまさに現地そのものの味。ほかにも潮州味のタレに漬け込んだ小皿料理や種類豊富な麺類、海鮮系など本場の味を満喫できる。

東京都世田谷区池尻3-30-10 山旺ビル2F ☎03-3419-4123 [営]11時半〜翌1時(24時40分LO)、日〜24時(23時40分LO) [休]無休 [席]カウンター4席、テーブル29席、計33席/全席喫煙可(土・日・祝のみ11時半〜21時全席禁煙)/予約不可/カード不可/サなし [交]東急田園都市線池尻大橋駅西口から徒歩10分、三軒茶屋駅北口から徒歩9分





 所変わって、高田馬場の『玲音』。中華屋だけど、なにやらカフェっぽい雰囲気に、ノリのいいご夫妻。すでに自由な気分いっぱいの中で供されたのは「たまごカレーごはん」。

やっぱり自由。

中華鍋の中ですでにカレーとライスは混ぜ合せられ、真ん中の窪みには生卵がポン!スパイシーで適度な汁感のカレーが、さらりとしたライスの間をほどよく行き渡り、よーく混ざった挽き肉と玉ねぎがまたいい。しかしあれだ、熱々の鍋に投入されたカレー粉とスープ。香り立つ、あれもポイントやな。

Heaven's Kichen玲音の「たまごカレーごはん」【高田馬場】

写真:たまごカレーごはん 850円
ピシッとスパイシーで適度な汁気のあるカレー、挽き肉と玉ねぎがライスと一体化。なんとも絶妙なバランスだ

 駅からは少し歩く住宅街の隠れ家的ロケーション。そこにちょっとカフェめいたファンキーな中華屋は存在する。紹介したカレー以外にも「懐かしい味のカレー」「茄子と挽肉のカレー」もあり、「鶏肉と野菜のピリ辛丼」などのオリジナル人気メニューも数々。いずれもキレのいい、元気の出る味。そうそう、ギネスとオリオンの生もある! スパイシーなカレーに合いますぜ。

東京都新宿区高田馬場4-34-14 ☎03-3227-2080 [営]11時半~23時 [休]日・祝 [席]カウンター9席、テラス4席、小上がり6席、計19席/13時まで禁煙(小上がりは禁煙)/予約可/カード不可/サなし [交]JR山手線高田馬場駅戸山口から徒歩8分、地下鉄東西線・西武新宿線高田馬場駅早稲田口から徒歩15分





 お次は餃子がうまい、赤坂の『珉珉』。少し前までは裏メニュー、もとはまかないだったという「ナスカレー」、知ってた?

 野菜と揚げたささ身をジュワッと炒め、中華スープに牛乳も少し、カレー粉で仕上げられる。ナスやささ身、ルーのとろっと感やスパイシー加減が最高! してその陰には、やはりスープの旨みが見え隠れ。店によって違えども、ウマさの秘密の一つはやはりそこんちの中華スープ。ちなみにコレが旨けれりゃほかも美味しい。基本ですから。

珉珉の「ナスカレー 」【青山】

写真:ナスカレー 1410円
なす、ピーマン、鶏肉。どこか懐かしいとろみと旨みが◎

『珉珉』と言えば、酢胡椒で食べる肉厚ジューシーな焼き餃子が絶大な人気を誇るわけだが、3~4年前にオンメニューされた「ナスカレー」も知る人ぞ知る旨さ! 白飯もいいが「ドラゴン炒飯」と一緒に食べるのもグー。おすすめメニューは、ほかにも目白押し。うーむ迷うなあ。

東京都港区赤坂8-7-4 ☎03-3408-4805 [営]11時半~14時、17時半~22時半(21時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター14席、座敷32席、計46席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交]地下鉄千代田線乃木坂駅1番出口から徒歩8分、半蔵門線青山一丁目駅から4番出口から徒歩10分





 さて、仕上げに南千住、『日正カレー』に行こう。ここんちでは迷わず「カツカレーライス」だ。
昭和ライクの懐かしいルックス。

だが、ただ者ではない。

ひと口食べれば、スパイシーーーッだ!あと口に軽く心地いい苦みも残るようなスパイシー。じわじわ辛いがさらさらっとしてスプーンが進む。分厚いトンカツも見事だが、ルーに溶け込むように煮込まれた柔らかい豚肉がまた旨い。「いやいや火力があるからさ」って、そういえば中華は火と油と香りのマジック。その〝技〟がスパイシーさをさらに引き立てているに違いない(きっと)。

ま、でも、理由はともかくこれは言える。中華屋のカレー、やっぱりうめえ~~!

日正カレーの「大盛りカツカレーライス」【南千住】

写真:大盛りカツカレーライス 950円
じわっと辛くあと口が軽く苦い、本格的なスパイシーさ

カレーがすっかり人気で店名もこうなれど、昔からのメニューも健在の中華屋だ。野菜たっぷりのタンメンもスープまで旨々で人気。器に刻印された「日正」の文字が歴史を物語る、昭和のテイスト。てらいのないザ・カツカレーだが味わいは本格テイスティ。がつがつ食べたい。

東京都台東区清川2-9-12 ☎03-3873-5810 [営]11時~18時 [休]日 [席]15席/全席喫煙可/予約不可/カード不可 [交]地下鉄日比谷線南千住駅南口から徒歩15分、JR常磐線南千住駅西口・つくばエクスプレス南千住駅から徒歩18分

2016年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt