MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
商店街「十条銀座」おすすめ居酒屋3選!うまいもん散歩でちょい呑み

商店街「十条銀座」おすすめ居酒屋3選!うまいもん散歩でちょい呑み

台所いらずな惣菜天国「十条銀座」のちょい呑み店!主婦をダメにする街だ…と思わずつぶやいてしまった、十条の商店街。その理由は、惣菜類が破格で勢ぞろいしているから。気づけば両手はビニール袋でいっぱい。横道を除くと、魅力的な佇まいの飲み屋さんが軒を連ねる。買い物後、あるいは奥様の買い物を待つ間、ここらでグビリも楽しい。

居酒屋お功楽や【十条銀座】

お通し(手羽先とうずら卵のピリ辛煮) 378円

刺身や和惣菜中心のメニューは、約18種ある日本酒など酒に合うものばかり。駅からすぐの立地なので飲み過ぎても安心⁉お通しは日替わりで、刺身や揚げ物などバリエーション豊富。9種類ある日も。ちょい呑みならこれだけでも満足です。

東京都北区上十条2-30-10 ☎03-5963-5681 [営]営17時〜24時半(23時LO) [休]日・祝

大衆食堂天将【十条銀座】

いりぶた 300円
まぐろさしみ 550円
ウコン茶割り 420円

定食やカレーなどがあり、食事もしっかりできるが、200円から取り揃えている一品料理も豊富で、呑兵衛心をくすぐる。昼でも人が飲んでいるので、臆することなく昼酒を楽しめる。焼酎割りは、こぼれそうなほどたっぷりの量で◎です。

東京都北区上十条2-24-12 ?03-3906-6421 [営]10時~14時LO、16時~19時半LO(日~19時LO) [休]火

Beer++|ビールプラスプラス【十条銀座】

左から
ペールエール(大) 800円
アンバーエール(大) 800円
カリプソバースト(大) 950円

自家製ビールは4〜5種類・2サイズを置き、小は450円から。テーブル席と立ち飲みカウンターがあり、グループでもひとりでも楽しめる。ビールに合う、独創的なつまみも用意。平日の19時まではお得なハッピーアワーがあるのもうれしいお店です。

東京都北区上十条2-7-13 ☎03-5948-5657 [営]17時~23時(22時半LO)、土・祝15時~22時LO [休]日・月

「十条銀座」惣菜編はコチラ!

「十条銀座」買い食い編はコチラ!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
2897views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
220views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt