MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
新宿ゴールデン街 徹底調査!グルメライターが歩いて調査しました!

新宿ゴールデン街 徹底調査!グルメライターが歩いて調査しました!

新宿ゴールデン街は今や世界的な観光地として外国人にも大ウケの街。世代交代で若い店主の店も増え、“一見さんウエルカム”ムードが盛り上がっている。グルメライターが歩いて見つけたゴールデン街のおすすめバーを取材しました。撮影・取材/岡本ジュン

perm_media 《画像ギャラリー》新宿ゴールデン街 徹底調査!グルメライターが歩いて調査しました!の画像をチェック! navigate_next

今や世界的な観光地、「新宿ゴールデン街」 飲みある記

行ってらっしゃい〜で 送り出される酒場の迷宮

ゴールデン街。誰が名付けたか、ちょっと隠微なニュアンスを持つこの響き。

それが人を引き付けてやまないのか、ひと昔前は作家、編集者、俳優など、文化人が遊ぶお忍びエリアだった。

今回そんなゴールデン街を飲み歩けという指令が下った。

ちょっと怖いけど、自分の中の何かがGO! と背中を押してくる。行ってきます。

新宿ゴールデン街のオールドスクール バー『クラクラ』の扉を開いた。

歌人の俵万智さんが働いていたことでも知られるここは、文化人が通う有名店。

でも渋〜いカウンターには、意外にもキュートな乙女が立っていた。

「ゴールデン街に初めて飲みに来て、アルバイトに誘われたんです」というヨネちゃんハタチ。
やるなあゴールデン街。いやヨネちゃんか! 

いろんな意味でゴイスー。

しかもハイボールなどがすべてダブル。
乙女たちの笑顔がなくてもすぐにクラクラ〜っとくるのでそそくさと退散することに。

写真:38席と大人数でも入れるキャパシティはゴールデン街では貴重

クラクラからの紹介で向かったのはバー『洗濯船』

作家の内藤陳氏が開いた〈深夜プラス1〉や名物のママのいる〈しの〉などと並ぶ古参の店である。

写真:店内は禁煙。改装したので店内もきれいで居心地がいい

「今年で40周年なのよ」というママは、60代とは思えないほど若々しい。

包容力ある話術で若者からおじさんまでを虜にするここは、実は一見さんお断り。
でも行きたい時には他の店で紹介してもらえばオッケーなのである。
この日は偶然にも憧れの写真家(京都在住)が隣に座っていて驚いた。

こんなサプライズがあるのもザ・ゴールデン街!

新宿ゴールデン街のトリビア&地図


「あかるい花園」と「ゴールデン街」に分かれているのは、元はふたつの町内が合体したから。番街の数字が飛んでいるのは班分けのせいで、道に面している班の番号を道に付けたからだとか。

新宿ゴールデン街入口近くに『図書室』という看板が。

「?」と思い入れば、ズラリ漫画の並ぶバーだった!

「漫画をきっかけにいろんな世代の人が一緒に会話ができれば」というのはアラサー店主のノンちゃん。

若い店主の店は、若いサラリーマンやOL で賑わっているので、ゴールデン街ビギナーズにも安心だ。けして腐女子のたまり場ではないので恐れずにどうぞ。

写真:小さなカウンターだけの店には漫画が壁一面にびっしりと並ぶ。幅広い世代の話題になるようにと、新旧取り混ぜたラインナップが楽しい。

 しかしクラクラと言い、ここといい、かわいい女子が多いなあとシミジミ考えていたらまた美人ママの店を発見。

『ピトゥ』はマスコミ、美術系、芸能関係もちらほらというこの街らしい人種のたまり場。

写真:アートな雰囲気が漂う店、PITOU(ピトウ)は自然派ワインなど高感度なドリンクが揃う。英語と仏語ができるママを慕って通う外国人も多く、ソファのある2階スペースでまったりするのも人気

ある意味“濃い”けど、トモエママのマジックな接客で、お固いサラリーマンも一緒になって盛り上がれる。そのテンションは夜が更けるほどにクライマックスへと突き進むのだ。

そういえば、ゴールデン街ではお店を出る時に「ありがとうございました」ではなく「行ってらっしゃい」と言われるが、これはハシゴする人が多いから。

サクッと飲んで2軒回ってまた最初に戻るなんてザラで、荷物を置いていくツワモノも。まあこれはゼッタイに真似しないで下さい(笑)。

本格的なカクテルが飲める『SUZUBAR』

最後にキュッと〆るにはと訊ねれば、本格的なカクテルが飲める『SUZUBAR』を教えてもらった。

ここはもはやゴールデン街の中の銀座。母体がとんかつ茶漬けで有名な〈新宿すずや〉とあってカツサンドも旨い! 

ここでマティーニを飲んでいい感じに仕上がった深夜3時。ヘイ、タクシーである。

ああ、またやっちゃった。

写真:ステンドグラスや沖縄の民芸品が飾られた店内は暗めの照明でまさにバーの「民藝酒房 SUZUBAR|スズバー」。

 怖そうだけど魅力的。今や“世界のゴールデン街”にのし上がったこの街をまだ未体験ならば、一度は洗礼を受けるべし! 


ただしハマって道を踏みハズしても、責任は取りません(笑)

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
神楽坂で男ひとりでも平気な喫茶&甘味。しっとり大人の美味巡り。かつては文豪も多く暮らし、趣ある石畳の小道や料亭には今も花街の風情が残る、神楽坂。グルメライターがしっかり歩いて神楽坂の魅力探ってきました。
都内の人気エリアの一つ、高円寺。数多くある飲食店の中から、ここではおすすめのカフェを厳選してご紹介します。猫カフェなど流行のお店ではなく、昔ながらの雰囲気を保ちながらも新しいメニューを取り揃える、おしゃれな絶対に訪れるべきお店ばかりです!
中野のラーメンを人気グルメ雑誌のライターが覆面調査!究極の3杯を集めました!中野駅近でアクセス抜群の絶品店や、安くて美味しい名店、ミシュランガイドにも掲載された人気店です。店舗情報もあるので、ぜひチェックしてください!
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル