MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】マドラグ|京都の老舗洋食店『コロナ』の店主から受け継いだ“伝説の玉子サンド”(喫茶店/神楽坂)

【閉店】マドラグ|京都の老舗洋食店『コロナ』の店主から受け継いだ“伝説の玉子サンド”(喫茶店/神楽坂)

新潮社の倉庫をリノベーションした複合施設「la kagu」が、2014年の開業以来、初のリニューアルオープンを2016年8月20日に行った。新設のガジェット(デジタルグッズ)やアイウェアコーナーと並んで開店したのが、京都の喫茶店『マドラグ』。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】マドラグ|京都の老舗洋食店『コロナ』の店主から受け継いだ“伝説の玉子サンド”(喫茶店/神楽坂)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】マドラグ(最寄駅:神楽坂駅)

現地の味をそのままに京都の人気純喫茶が神楽坂の複合施設に入店

 店主の山﨑三四郎裕崇さんが監修し、「la kagu」の暖かみのある内装に合わせて、ランプなどの装飾やお店のロゴで純喫茶らしさを表現。

 京都の老舗洋食店『コロナ』の店主から受け継いだ“伝説の玉子サンド”をはじめとする、料理の味も継承。スタッフが京都で研修を重ね、現地と同様の味を楽しめる。オリジナルブレンドのコーヒーのほか、メロンソーダなど喫茶店らしいメニューも充実。今どきだけど懐かしいカフェ。一度、お楽しみあれ。

コロナの玉子サンド
850円

横幅約6cmと極厚の玉子に、マスタードと特製ケチャップソースが塗られたふんわり柔らかな食パンが口の中で絡む。テイクアウトは1日10食限定だ

スパゲティナポリタン
900円

ケチャップをふんだんに使ったスパゲティを玉子の上にのせた王道の味。京都では鉄板の上に盛り付けられるが、こちらでは白い皿で提供される

マドライス
980円

京都にもない同店だけのメニュー。トルコライスの上にのせるものは、サクッとした衣が秀逸なポークカツやエビフライ、ソーセージから1品選べる

マドラグ

東京都新宿区矢来町67 la kagu 1階 ☎03-5579-2130 [営]11時〜20時半(20時LO) [休]不定休 [交]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口からすぐ

電話番号 03-5579-2130
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
誕生したのは日本。食べられるのはイタリア料理店ではなく、喫茶店。しかし頬張ればたちまちイタリアンな気分になれる魔法の美味“ナポリタン”の傑作集だ!
今、エモいと言われている純喫茶。そんな昭和を感じられる場所で食べられるこれまたエモいスイーツをご紹介します。(※各店舗の情報は掲載時のものです。新型コロナウィルス感染拡大の影響で営業時間などが異なる場合があります)
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
大人がワクワク、ドキドキする冒険基地としてリニューアルした「阪急メンズ東京」。それを象徴するひとつが7階のヴィンテージ&リバイバルフロア。
誰もがほっとできる場所を作りたいという思いでオープンして約40年。ほのかな明かりのなか、サラサラと流れる水音が響き、肩の力が抜けてじんわり癒やされる。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル