MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】マドラグ|京都の老舗洋食店『コロナ』の店主から受け継いだ“伝説の玉子サンド”(喫茶店/神楽坂)

【閉店】マドラグ|京都の老舗洋食店『コロナ』の店主から受け継いだ“伝説の玉子サンド”(喫茶店/神楽坂)

新潮社の倉庫をリノベーションした複合施設「la kagu」が、2014年の開業以来、初のリニューアルオープンを2016年8月20日に行った。新設のガジェット(デジタルグッズ)やアイウェアコーナーと並んで開店したのが、京都の喫茶店『マドラグ』。※ランチタイム有

【閉店】マドラグ(最寄駅:神楽坂駅)

現地の味をそのままに京都の人気純喫茶が神楽坂の複合施設に入店

 店主の山﨑三四郎裕崇さんが監修し、「la kagu」の暖かみのある内装に合わせて、ランプなどの装飾やお店のロゴで純喫茶らしさを表現。

 京都の老舗洋食店『コロナ』の店主から受け継いだ“伝説の玉子サンド”をはじめとする、料理の味も継承。スタッフが京都で研修を重ね、現地と同様の味を楽しめる。オリジナルブレンドのコーヒーのほか、メロンソーダなど喫茶店らしいメニューも充実。今どきだけど懐かしいカフェ。一度、お楽しみあれ。

コロナの玉子サンド
850円

横幅約6cmと極厚の玉子に、マスタードと特製ケチャップソースが塗られたふんわり柔らかな食パンが口の中で絡む。テイクアウトは1日10食限定だ

スパゲティナポリタン
900円

ケチャップをふんだんに使ったスパゲティを玉子の上にのせた王道の味。京都では鉄板の上に盛り付けられるが、こちらでは白い皿で提供される

マドライス
980円

京都にもない同店だけのメニュー。トルコライスの上にのせるものは、サクッとした衣が秀逸なポークカツやエビフライ、ソーセージから1品選べる

マドラグ

東京都新宿区矢来町67 la kagu 1階 ☎03-5579-2130 [営]11時〜20時半(20時LO) [休]不定休 [交]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口からすぐ

電話番号 03-5579-2130
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
まずその店名に目を奪われる。“おっさん”こと店主の長岡作茂さんは、西麻布の人気鉄板焼き店で店主を務めた後、この店を開店。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt