MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(8) 北海道・ちほく鉄道 足寄駅跡近く、超希少「ヒツジ堂」の国産ヒツジチーズ/1990年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(8) 北海道・ちほく鉄道 足寄駅跡近く、超希少「ヒツジ堂」の国産ヒツジチーズ/1990年撮影

前回に続き、北海道ちほく鉄道足寄駅跡近くの石田めん羊牧場と直営のレストラン「ヒツジ堂」のお話。 最近この牧場で作り始めた、日本では作っているところが数件といわれる希少な羊乳チーズとは……。

北海道・ちほく鉄道 足寄駅跡近く、超希少「ヒツジ堂」の国産ヒツジチーズ/1990年撮影



 前回に続き、北海道ちほく鉄道足寄駅跡近くの石田めん羊牧場と直営のレストラン「ヒツジ堂」のお話です。


[雪の峠を走るディーゼルカー、140Kmの路線には険しい山越えの区間もあった(1990年撮影)]





 羊肉の料理がおいしい北海道足寄の「ヒツジ堂」。

 北海道ちほく鉄道が2006年に廃止になったあと、足寄に向かうのはこのお店と「石田めん羊牧場」の風景に出会うのが目的になりました。

「石田めん羊牧場」は、羊肉を中心に出荷する生産牧場です。

 最近スーパーマーケットでも羊肉をよく目にするようになりましたが、国内を流通している羊肉は、ほとんどが輸入肉なんです。

 国内の羊は?と聞かれて即答できる方は少ないと思いますが、親羊の数で2万頭弱しかいません。

 これは、ニュージーランドやオーストラリアの大きな牧場なら1つか2つの牧場分くらいです。

 当然国内の流通量のうち、国産は1%にも満たない貴重な肉です。

 この貴重な国産の羊肉の1つ、「石田めん羊牧場の羊肉」は、ここで紹介した「ヒツジ堂」で食べられるほか、通信販売もしています。

 ただ、出荷量が少なく、それこそ“ときどき販売”という感じですので、ちょくちょくHPを見て、販売しているのをみつけたら即買い!です。(羊肉の予約は時期未定のため行なっていません)



 そして、最近できたもう1つの楽しみが、羊乳で作ったチーズです。

 世界的にみれば羊乳チーズは一般的なものですが、国内で作っているのは、ごくわずか。
 私が知っている範囲では数軒しかありません。


 羊にはたくさんの種類があるのですが、この牧場で飼っているのは主に肉用種です。
 イギリス原産で、肉の繊維が細くて風味がある「サウスダウン」という種類を中心に育てています。
(もちろん羊毛もとれます。もっちゃりした顔でかわいい羊です)

[石田めん羊牧場の、サウスダウン種の子羊]



 石田めん羊牧場のご好意で、搾乳風景を見せていただきました。

 羊乳をとるために、新たに「フライスランド」と言う種類など乳の量が多い乳用種を飼いはじめたそうです。牧場の本気度を感じます!

 羊飼いが柵をあけて羊を呼ぶと、搾乳場所までいそいそと羊がついて行きます。

 順番に台に乗って餌を食べている間に搾乳します。

 搾乳が終わると、自分で放牧地へと向かって行きます。

 なんとも羊と羊飼いの仲のよさが見えてほほえましい風景です。

搾乳前には羊飼いに羊がついて歩く。

羊が餌を食べている間に搾乳する。

羊用の搾乳機でしぼる。日本ではこちらの牧場が初導入。

クリームのように濃厚な羊乳。

 搾った羊乳は見るからに濃厚です。

 以前、味見をしたことがあるのですが、見た目通り濃厚で、まるでクリームのような味わいでした。

 成分で見ても、たんぱく質や脂肪分が牛の倍もあって、チーズには最適なのだそうです。

 ただし、とれる量は、乳牛の場合1日で20~30Kg、なかには50Kgを越える場合もあるのに対して、羊はといえば1頭からだいたい700mlくらい。1Kgには程遠い量です。

 さらに、季節的には春から夏にかけての短い期間しか搾乳できないので、とっても貴重な食材なんですね。

[「ヒツジ堂」の羊乳チーズ盛り合わせ]





 今回は直営のレストラン「ヒツジ堂」で食べさせてもらいました。

 ハードタイプとリコッタチーズの盛り合わせです。

 ハードタイプは濃厚でクリーミー、じっくりと味わいたい風味。

 リコッタチーズはさっぱりとしていて、いくらでも食べられる感じ。

 どちらも食べやすく美味しいチーズでした。

 このチーズを食べるのには「ヒツジ堂」で食べる。
 もしくは、石田めん羊牧場の通信販売で買う方法があります。
 あと、今回行った時には足寄の道の駅にも置いてありました。

 いずれにしても、量に限りがあるので、事前に在庫を確認をしてから出かけてください。


ハードタイプの羊乳チーズ、出荷量はかなり少ない。
購入方法は「石田めん羊牧場」のホームページを参照してください。
(http://www.ishida-sheep-farm.com/)

じゃがいもの花の中を走るふるさと銀河線(1990年撮影)

北海道ちほく鉄道ふるさと銀河線が開業した頃の足寄駅名板(1989年撮影)

旧足寄駅前にある。直営レストラン「ヒツジ堂」

石田めん羊牧場(ヒツジ堂):http://www.ishida-sheep-farm.com/

※石田めん羊牧場は観光牧場ではありません。無断での立ち入りはしないでください。




佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。




 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
近年、富山観光がクローズアップされたのは、なんといっても2015年の北陸新幹線金沢延伸のとき。東京駅から富山駅までは、最速2時間8分。  ということで今回は、東京から身近になった富山県の昆布締めのお話です。 「富山の人は、魚でも野菜でも、なんでも昆布締めにするから」というお話しをもとに、いろいろ調べてみました……。
初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。 地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道。 沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります……。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
土讃線は香川県の多度津駅から徳島県西部を経由して高知県の窪川駅を結ぶ路線。 このなかでも難所になっているのが徳島県の吉野川に沿う山間部で、特に険しく景勝地として知られているのが大歩危・小歩危(おおぼけ、こぼけ)です。 この区間では1997年から2017年までの20年間、風景を楽しむトロッコ列車が走っていました……。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt