MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[あじわい回転寿司 禅] 小田原で発見!ハイブリッド回転寿司!(寿司/小田原)

[あじわい回転寿司 禅] 小田原で発見!ハイブリッド回転寿司!(寿司/小田原)

[あじわい回転寿司 禅] おすすめ寿司のグルメ記事と写真のページ。板前さんがフレンチを作る![交]JR東海道本線、小田急小田原線ほか小田原駅東口から徒歩約20分

perm_media 《画像ギャラリー》[あじわい回転寿司 禅] 小田原で発見!ハイブリッド回転寿司!(寿司/小田原)の画像をチェック! navigate_next

あじわい回転寿司 禅(最寄駅:小田原駅)

 北は北海道、南は沖縄、そして海外からも来客がある人気の回転寿司店。店主自身が「食べたい」と思うような“本物”を提供することを基本とし、小田原漁港などから旬やニーズを考慮して、日本各地のそのとき一番の鮮魚を仕入れている。 シャリは、吟醸酒の搾り粕を木桶発酵させた酢を独自に配合し、ふくよかな味わい。贈答用に使われる極上の海苔を取り入れるなど、素材へのこだわりと情熱、造詣の深さは類を見ないほど。 たっぷりのイクラやウニを使い、金箔をあしらった「セレブ巻き」(3024円)、「フォアグラのソテー」(1944円)など、魅惑的な逸品が並ぶ。季節ごとのメニューも大量に揃うので、複数で行くのがおすすめだ。

イベリコ豚ほほ肉ビール煮
1620円

イベリコ豚は黒ビールで煮込んだ深い旨みと、箸で切れるほどの柔らかさが魅力。食べ応えのあるテールは黒胡椒とニンニクがきいたあとひく味。ひと組ひと皿のみの限定で必食の一品だ

メタボ巻
1067円

マグロのテールステーキ
648円

本気(まじ)のカルボナーラ
2700円

 2mmの極太スパゲットーニに濃厚なソースが絡む。最高級キャビアがのり豪華

小田原野菜と八百屋さんのバーニャカウダ
1058円

 近隣農家から仕入れた野菜は瑞々しく、珍しいものもある。コク深いソースと相性抜群だ

チーズ3種類盛り合わせ
1296円

 右から「茂木牛のチーズ」、「ミモレット フランセーズ」、「ブリアサヴァラン アフィネ」

オマール海老
1026円

108円〜1026円の10種類。ぷりぷりのオマール海老やねっとりした食感の本マグロなど、変わり種から定番まで幅広く揃う。地魚は入荷次第のお楽しみ。この日は手前からクロムツ、アジ、ソゲ

本鮪赤身
378円

地魚三昧
432円

真鯛
324円

あじわい回転寿司 禅

神奈川県小田原市東町2-1-29/☎0465-32-7001 [営]11時〜22時(21時半LO) [休]無休 [席]カウンター16席、6席×4卓 計40席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交]JR東海道本線、小田急小田原線ほか小田原駅東口から徒歩約20分、東海道本線国府津駅からバス「山王橋」下車、徒歩1分

電話番号 0465-32-7001
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル