MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[あじわい回転寿司 禅] 小田原で発見!ハイブリッド回転寿司!(寿司/小田原)

[あじわい回転寿司 禅] 小田原で発見!ハイブリッド回転寿司!(寿司/小田原)

[あじわい回転寿司 禅] おすすめ寿司のグルメ記事と写真のページ。板前さんがフレンチを作る![交]JR東海道本線、小田急小田原線ほか小田原駅東口から徒歩約20分

あじわい回転寿司 禅(最寄駅:小田原駅)

 北は北海道、南は沖縄、そして海外からも来客がある人気の回転寿司店。店主自身が「食べたい」と思うような“本物”を提供することを基本とし、小田原漁港などから旬やニーズを考慮して、日本各地のそのとき一番の鮮魚を仕入れている。 シャリは、吟醸酒の搾り粕を木桶発酵させた酢を独自に配合し、ふくよかな味わい。贈答用に使われる極上の海苔を取り入れるなど、素材へのこだわりと情熱、造詣の深さは類を見ないほど。 たっぷりのイクラやウニを使い、金箔をあしらった「セレブ巻き」(3024円)、「フォアグラのソテー」(1944円)など、魅惑的な逸品が並ぶ。季節ごとのメニューも大量に揃うので、複数で行くのがおすすめだ。

イベリコ豚ほほ肉ビール煮
1620円

イベリコ豚は黒ビールで煮込んだ深い旨みと、箸で切れるほどの柔らかさが魅力。食べ応えのあるテールは黒胡椒とニンニクがきいたあとひく味。ひと組ひと皿のみの限定で必食の一品だ

メタボ巻
1067円

マグロのテールステーキ
648円

本気(まじ)のカルボナーラ
2700円

 2mmの極太スパゲットーニに濃厚なソースが絡む。最高級キャビアがのり豪華

小田原野菜と八百屋さんのバーニャカウダ
1058円

 近隣農家から仕入れた野菜は瑞々しく、珍しいものもある。コク深いソースと相性抜群だ

チーズ3種類盛り合わせ
1296円

 右から「茂木牛のチーズ」、「ミモレット フランセーズ」、「ブリアサヴァラン アフィネ」

オマール海老
1026円

108円〜1026円の10種類。ぷりぷりのオマール海老やねっとりした食感の本マグロなど、変わり種から定番まで幅広く揃う。地魚は入荷次第のお楽しみ。この日は手前からクロムツ、アジ、ソゲ

本鮪赤身
378円

地魚三昧
432円

真鯛
324円

あじわい回転寿司 禅

神奈川県小田原市東町2-1-29/☎0465-32-7001 [営]11時〜22時(21時半LO) [休]無休 [席]カウンター16席、6席×4卓 計40席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交]JR東海道本線、小田急小田原線ほか小田原駅東口から徒歩約20分、東海道本線国府津駅からバス「山王橋」下車、徒歩1分

電話番号 0465-32-7001
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
三崎のマグロ問屋直営ならではの逸品が、天然物のインドマグロを使った握り「まぐろ三昧」。赤身、中トロ、大トロ、炙り、ネギトロと、まさに三昧。
開業は約35年前というが、『貴乃』の屋号は約10年前から。浅草の前は銀座の名店で修業をした店主が握る寿司は、しっかりと仕事がされた江戸前だ。
料理はつまみと握りを織り交ぜたコースのみ。これが実に楽しい。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
222views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt