SNSで最新情報をチェック

「いち井」は上野毛の住宅街に店を構えて16年。店主の藤井雄一さんは、数々の店で経験を積んだ、この道40年以上の腕利きの職人だ。そんな藤井さんが毎朝、横浜市中央卸売市場に足を運んで仕入れるネタは、どれも上質なものばかり。[交]東急大井町線上野毛駅より徒歩8分

画像ギャラリー

いち井(最寄駅:上野毛駅)

鮮度が少しでも落ちたものは、一切使用しないというのもこだわりだ。それに合わせるシャリは、茨城県の農家から仕入れる「さとかわ米」に、白酢と赤酢を独自にブレンドしたもの。まろやかな酸味によって引き出された米の旨みや甘みが、それぞれのネタの魅力をしっかりと支えている。 刺身のみならず、煮物や焼き物など、多彩な料理で種類豊富な旬の魚介を食べさせてくれる、充実のコースは必食だ。

旬のコース波留

5940円

コハダ

324円

きんきの一夜干し

4104円~

江戸前穴子の白焼き

432円

いち井

電話番号 03-3705-5536

2015年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...