SNSで最新情報をチェック

野菜の煮物や魚の煮付けといった、家庭的な料理にもワインはピッタリ。 ここでは、そんな和食で、カジュアルワインが楽しめる東京都内の三ツ星店を紹介です。

画像ギャラリー

おかみ丼々 和田(最寄駅:築地駅)

おばんざいにはこんなワイン

東京都中央区築地2-14-14
☎03-5565-0035
[営]18時〜23時(22時半LO)
[休]土・日・祝(土は貸切のみ営業)
[席]カウンター8席、テーブル4席×1卓 計12席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、コース以外はつき出し代540円別
[交]地下鉄日比谷線築地駅2番出口から徒歩2分

かつては教育教材の編集者という経歴を持つ女将の和田さんが「女性ひとりでも仕事帰りにくつろげる店を」との想いから、2012年にオープンしたカウンター中心の小さな京料理の店。天然ものの魚や農場から届く新鮮な有機野菜など、身体に優しい確かな食材を使用した料理が並ぶ。

OBANZAIYA 喜月(最寄駅:新橋駅)

肉じゃがにはこんなワイン

東京都港区新橋2-15-10 石橋ビル2階
☎03-6206-1231
[営]18時~24時、木・金18時~翌2時、土15~23時、LOはそれぞれ1時間前
[休]日・祝
[席]カウンター14席、座敷20席 計34席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し代400円別
[交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩3分

カウンターに並ぶのはキンピラ、おひたし、ポテトサラダなど家庭的な大皿料理。どれも丁寧に手作りされた、素朴で優しい美味しさだ。

旬菜 みつや(最寄駅:新宿御苑前駅)

三元豚ととうがんのスープ煮 1080円
鮎のコンフィー 1296円

魚のコンフィにはこんなワイン

東京都新宿区新宿2-3-16
☎03-6323-7135
[営]11時半〜14時、18時〜22時(21時半LO)
[休]日・祝
[席]カウンター5席、テーブル2席×2卓、座敷8席 計17席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代540円別
[交]地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅1番出口から徒歩1分

ノルウェーやチェコの公邸料理人として、海外でも腕をふるった経験を持つ店主・小長光さんが辿り着いたのは、和食×日本ワインの組み合わせ。「日本のワインは繊細なダシの味との相性が抜群」と語る。※ランチタイム有

ビストロ割烹 酒場留(最寄駅:江古田駅・新桜台駅)

骨付き仔牛すね肉の江戸甘味噌煮込み 1620円
茶碗蒸し トリュフ香る馬鈴薯餡がけ 324円

味噌煮込みにはこんなワイン

東京都練馬区栄町25-14
☎03-6914-5322
[営]17時半~24時(23時15分LO)
[休]火
[席]4席×5卓、2席×1卓、カウンタ-3席 計25席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし
[交]西武池袋線江古田駅北口出口から徒歩5分、地下鉄西武有楽町線新桜台駅2番出口から徒歩2分 

20代をソムリエとしてワインに従事し、30代は和の料理人として腕を磨いた店主が、自身の店を開くにあたり選択したのが「ビストロ割烹」という新ジャンル。例えば、ダシで炊いた里芋にフォアグラを乗せて焼き上げたり、牛スネ肉をトマトソースではなく江戸甘味噌で煮込んだりと、素材の美味しさを生かす和食をベースに、ワインとの相性を考えたコクのある料理にして提供する。

自然派ワインとおばんざい はるばる(最寄駅:立川駅)

おばんざい5種盛り合わせ 1706円
・牡蠣の胡麻油漬け
・揚げ茄子の南蛮漬け
・もつ煮込み
・ひじきの煮物
・がんもどきと大根の煮物
・南瓜サラダ

おばんざいにはこんなワイン

東京都立川市錦町1-5-22 西野ビル1階
☎042-595-9899
[営]16時~23時(22時LO)
[休]日(日を含む連休の場合、最終日が休)
[席]カウンター8席、4席×2卓、2席×1卓 計18席/全席禁煙/カード可/予約可/サ・お通し500円別
[交]JR中央線立川駅南口から徒歩6分

数年前、ある日の賄いで口にした高野豆腐とフキの炊き合わせと自然派ワインが衝撃的だったと、店長の本宮さんは言う。「ワインの優しさ、軽やかさが和食にスッと寄り添う感じで、とにかく美味しくて」。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...