SNSで最新情報をチェック

 新宿で長年店を営んでいた蕎麦職人歴30年の氏家さんが、休業を経て3年前に故郷の町屋を新天地に選んで再出発した。「真心を込めた仕事がしたい」と住宅街に構えた店は小さな看板があるのみだが、彼の蕎麦の旨さは地元で知られた存在だ。

画像ギャラリー

手打ち蕎麦 うじいえ(最寄駅:町屋駅)

 ダシの取り方に心を注ぎ、せいろ用は本枯節のみを使い、かえしと合わせて1~2週間寝かせることでカドが取れたまろみになるようにしている。温かい蕎麦は宗田節に羅臼昆布などで取った上品なダシを。それら手間を惜しまない仕事は真摯な蕎麦の味にも表れている。

天せいろ

1750円

大きな車エビが2尾入る極上品。蕎麦は北海道など農家から取り寄せた挽きたての蕎麦粉を使い、外一で打つ。春は桜切りなど四季の変わり蕎麦も評判。随時登場する蕎麦の実を使ったスイーツも人気だ

そば粉のクレープ北京ダック風

1200円

かき南そば

1350円

出し巻き玉子

800円

[その他のメニュー] 日替わりランチ980円 せいろ750円、鳥南せいろ980円、鴨南そば1600円など きまぐれサラダ580円、鳥焼き650円、おまかせコース4300円~など

手打ち蕎麦 うじいえ

[住所]東京都荒川区町屋3-5-13 [TEL]03-6807-8538 [営業時間]11時半~14時、17時半~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]月、第2火 [席]カウンター7席、個室テーブル最大10席、計17席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、夜のみお通し200円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線ほか町屋駅1番出口から徒歩6分

電話番号 03-6807-8538

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...