SNSで最新情報をチェック

カニ以上に多種多様な品種があるエビは、イタリアン、フレンチなど、どんな料理にも合います。なかでも特に唸ったメニューをご紹介。バリエの豊富さに驚きますよ。東京都内のおすすめ洋食エビ料理をご紹介!

画像ギャラリー

リ スカンピ(最寄駅:飯田橋駅)

国内産『生』スカンピのグリル

2100円

神奈川で獲れる最高級品をシンプルなグリルに。エビの甘みをダイレクトに味わえる。抜群の甘みと旨みがあり、加熱後のホクホクした食感も秀逸だ。

東京都新宿区神楽坂2-20-1
[TEL]03-3267-6558
[営業時間]18時~翌2時、日15時~24時
[休日]月、祝(月が祝日の場合は営業、翌火休)
[席]カウンター7席、テーブル2席×1卓、4席×2卓 計17席/禁煙席あり/カード可(1万円以上~、VISA、MASTERのみ)/予約可/席料1人200円別
[交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

イタリア北東部に位置するヴェネト州で食べられるエビ、スカンピ=赤座エビを店名にかかげたのが、ここ『リ スカンピ』だ。現地でも高級食材とされている赤座エビだが、こちらではお手軽価格で食べられる。リ スカンピ[交]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

シュリンプ・バンク(最寄駅:池袋駅)

丸ごと活オマール海老のお刺身

2580円

こちらで必ず注文したいのが「丸ごと活オマール海老のお刺身」。身は刺身、ハサミはボイル、頭は味噌汁にと隅々まで余さず味わえる。アルコールはワイン中心で、リピーターをいつも楽しませたいとラインナップを月毎に変えている。
ボイルしたハサミはタルタルソースをつけていただく。味噌汁にはエビミソの旨みが溶け出している

東京都豊島区池袋4-26-11
[TEL]03-6912-9331
[営業時間]18時~翌2時(翌1時LO)、金・土・祝前日18時~翌5時(翌4時LO)
[休日]月
[席]カウンター10席、テーブル2席×2卓、4席×4卓 計30席/禁煙席なし
[その他]カード可/予約可/サなし
[交通アクセス]JRほか池袋駅20a出口から徒歩9分

シュリンプバンクのカウンターには水槽が設置されており、中には生きたオマールエビやカキ、ハマグリがひしめく。これらの食材を、それぞれの持ち味を活かして和洋中こだわらず調理するのがこの店の特徴だ。こちらで必ず注文したいのが「丸ごと活オマール海老のお刺身」 [アクセス]JRほか池袋駅20a出口徒歩9分

OZAWA(最寄駅:白金台駅)

お昼のコース

3780円(写真は一例)

ひとくちオードヴル、今日のスープ、オードヴル、お魚料理、デザートなど全7品のコース。内容は時季によって変わる。オードヴルとお魚料理は各3品から1種ずつ選べるプリフィクススタイルで、この日のオードヴルは「かぶのブランマンジェと蟹のサラダ」

オマール海老の茶わん蒸し

お昼のコースのお魚料理のオマール海老の茶わん蒸し
プリフィクスコースのなかの一品として昼夜いつでも注文できる。

東京都港区白金台4-9-23 ツツイビルB1
[TEL]03-3442-1171
[営業時間]12時~15時(14時LO)、18時~23時(21時半LO) ※ランチタイム有
[休日]月、第2火
[席]カウンター4席、テーブル2席×2卓、4席×6卓、個室6席×1室 計38席/全席禁煙/カード可/予約可/サ10%別
[交通アクセス]地下鉄南北線白金台駅1番出口から徒歩3分

「三ツ星エビ料理 洋食編」特集掲載店、白金台の「OZAWA」は1989年創業の創作フレンチ店で、創業以来のスペシャリテは「オマール海老の茶わん蒸し」。[交]地下鉄南北線白金台駅1番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

菩提樹|ボダイジュ(最寄駅:水道橋駅)

天然特大海老フライ定食 (1本)

2500円

揚げたてのフライに自家製タルタルソースが付く

東京都文京区本郷1-14-3 東野ビルB1
[TEL]03-3818-1020
[営業時間]11時半~15時半(14時半LO)、17時~22時半(21時半LO)、土11時半~22時半(21時半LO)、日・祝11時半~22時(21時LO) ※ランチタイム有
[休日]12月31日~1月2日
[席]テーブル2席×3卓、4席×10卓、8席×1卓、座敷12席×4卓 計102席/ランチタイムは全席禁煙/カード可/予約可/サなし
[交通アクセス]JR水道橋駅東口から徒歩2分

「三ツ星エビ料理 洋食編」特集掲載店、「菩提樹 (ボダイジュ)」のエビフライは特大サイズの車エビが、皿の上で躍っているかのように盛りつけられており、圧巻のたたずまいだ。[交]JR水道橋駅東口から徒歩2分 ※ランチタイム有

三ツ星エビ料理【和食編】はコチラ!

産地直送で鮮度抜群なエビのプリプリさ、塩焼きで食べた幻のエビの甘さ……
覆面調査員が食べるたびに感動しきりだった和のエビ料理。
カニ派にひと泡吹かせること必至です。

三ツ星カニ料理【和食編】はコチラ!

殻の奥に潜む甘やかな身。濃厚なミソ。カニを頬張れば、一瞬でその美味しさに支配される。
生でも、焼いても、煮てもよし。
東京都内、横浜、福井県越前町のカニ料理のおすすめ三ツ星店で心も胃もカニに支配されるべし。
作家・開高健がこよなく愛した冬の味もご紹介!

三ツ星カニ料理【洋食編】はコチラ!

いざ食わん!身はもちろん、ミソを使った濃厚ソースをパスタやライスと堪能させたり、スパニッシュやイタリアンなど洋食界でもカニは冬の味覚の王様! と痛感させるおすすめカニ料理の美食店を紹介。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...