MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(19) たった100円で量マシマシ! JRゲートタワー『銀座イタリー亭』のスパゲッティランチ

名古屋エリア限定グルメ情報(19) たった100円で量マシマシ! JRゲートタワー『銀座イタリー亭』のスパゲッティランチ

2017年4月、名古屋駅にオープンしたJRゲートタワー。12階と13階のレストラン街には、35もの店が軒を連ねている。そのほとんどは東京の有名店、それも東海地方初出店。数ある店の中から私が選んだのは、12階にある『銀座イタリー亭 名古屋ゲートタワー店』……。

たった100円で量マシマシ! JRゲートタワー『銀座イタリー亭』のスパゲッティランチ

2017年4月、名古屋駅にオープンしたJRゲートタワー。

12階と13階のレストラン街には、35もの店が軒を連ねている。

そのほとんどは東京の有名店、それも東海地方初出店。

名古屋人は「東京なんて別にどうってことねぇがや」と、普段は涼しい顔をしているくせに「東海地方初出店」というフレーズに飛びつく。

私もその1人であることは否めないが……(笑)。


そんなわけで、数ある店の中から私が選んだのは、12階にある『銀座イタリー亭 名古屋ゲートタワー店』。

東京の方はご存じかもしれないが、銀座にある本店は1953(昭和28)年創業の老舗だ。

「古き良き日本のイタリアン」をテーマに、メニューはどこか懐かしさを感じるものばかり。

ここ、名古屋ゲートタワー店は、60年以上にわたって人々に愛されてきた本店の味をそのまま受け継いでいる。

スパゲッティとミニサラダがセットになった「スパゲッティランチ」(1050円~)も本店では人気のメニューだ。

スパゲッティは、「ミートソース」や「カルボナーラ」(各S・M1350円、L1450円)など定番の4種類と月替わりのおすすめスパゲティ1種類の全5種類を用意している。

こちらは「海老と野菜のナポリタン」(S・M1050円、L1150円)。

懐かしい味の代表選手ともいうべきメニューだが、麺にしっかりと染みた濃厚なトマトソースと海老やハム、ピーマンなど具材の旨みとの一体感が絶妙だ。

味もさることながら、いちばん驚いたのはこの量!

写真は、350グラムのMサイズ。

男性でも満腹になるほどのボリュームなのだ。

こちらは180グラムのSサイズ。

ちなみに値段はMサイズと同じだ。

私のような食いしん坊は、値段が同じなら絶対にMサイズを選ぶ(笑)。

まぁ、少食の人向けだろう。


たった100円の追加料金でLサイズになるのだが、気軽に注文すると後悔することになる(笑)。

その量たるや、なんと、450グラム!

さすがの私でもちょっと完食できるかどうか微妙である。

ナポリタンやカルボナーラは無理かもしれない。

しかし、食べる量は人それぞれ。

Lサイズがちょうどよいという人もいるだろう。

「このランチメニューの内容も量も本店と同じです。

全5種類の中でも人気なのは、『月替わりのおすすめスパゲッティ』(S・M1350円、L1450円)ですね。

毎月楽しみにしているお客さんも多くいらっしゃいます」と、店長の安井一高さん。


ちなみに12月は、「アマトリチャーナ」。

ベーコンの旨みと玉ネギの甘み、チーズのコクが一つになった料理長自慢のひと皿だ。


私はこれのLサイズに挑戦しようと思う(笑)。


12月といえば、クリスマスコースのシーズン。

店にとってもかき入れ時だけに通常のディナーコースよりも1.5倍~2倍の値段をつける店も少なくはない。

一方、ここのクリスマス限定「クリスマスシェアディナー」は、2名で11600円(要予約)と良心的。

内容は、

前菜「アンティパストサラダ」とパスタ「渡り蟹のトマトクリームスパゲティ」、

魚料理「真鯛のポワレ フレッシュトマト入りオレンジソース」、

肉料理「ブラックアンガス牛フィレ肉のグリル グリーンペッパーソース」、

ピッツァ「いろいろきのこのピッツァ」、

ドルチェ「ガトーショコラとピスタチオのアイスクリーム フルーツ添え」、

コーヒー(または紅茶)の全7品。


提供は12月18日(月)~12月25日(月)までなので、予約はお早めに。


銀座イタリー亭 名古屋ゲートタワー店

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー12階
[TEL]052-589-8654
[営業時間]11時~16時(15時L.O.)、17時~23時(22時L.O.)
[定休日]無




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
名古屋・今池に24時間営業の居酒屋チェーンの本店がある。その名も『やぶ屋 今池本店』。 名古屋人にとってはなじみ深すぎて、街にあるのが当たり前の居酒屋なのだが、実は定番の名古屋めしから創作系まで実に幅広いメニューがテイクアウトでき、しかもその再現率120%の逸品ぞろいなのだ!
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
5093views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt