SNSで最新情報をチェック

ずっと前からそこで親しまれてきたかのような安定感のある蕎麦の味。これがまだ開店1年ほどの新店なのだから恐れ入る。

画像ギャラリー

手打ちそば 膳(最寄駅:九段下駅)

開店1年の実力派実直な店主の確かな腕に歓喜する
十割で打つ蕎麦は基本的に細打ち。けれど店内の石臼で挽くその日の粉の状態によって若干太めにしたり、あえて客が気付くか気付かないぐらいの微妙な変化を付けるという店主の遊び心も楽しい。とりわけ「神経を遣う」と語るのはもり用のつゆの合わせ。本節と亀節で仕込むダシの味の奥行き具合でかえしとみりんの量を変えるため、自らの舌の感覚で調整するその時は緊張が走るそうだ。見事な活〆穴子など主な天種は、名だたる一流天ぷら店にも卸す築地の「山五」から仕入れた極上品。藍色が鮮やかな明治期の骨董の器が、その姿形を引き立てる。

穴子天もり(活〆穴子1本と野菜)

2200円

牡蠣そば

2250円

炙り鳥刺し

880円

玉子焼き

800円

お店からの一言

「季節の日本酒や自然派ワインも揃えています」

手打ちそば 膳

■『手打ちそば 膳』
[住所]東京都千代田区九段北1-3-9 第二太陽ビル1階
[TEL]03-6265-6005
[営業時間]11時半~14時、18時~21時半(20時45分LO)※ランチタイム有 [休日]土曜日・日曜日・祝日
[座席]26席/全席禁煙/予約可/夜はカード可/サなし
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか九段下駅番5番出口から徒歩1分

電話番号 03-6265-6005

2017年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...