MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】料理人 江川|季節の美味や工夫を凝らした料理で旨い純米酒を飲る(そば/本郷三丁目)

【閉店】料理人 江川|季節の美味や工夫を凝らした料理で旨い純米酒を飲る(そば/本郷三丁目)

気取らない雰囲気ながらも、その実態は「吉兆」出身の頼もしい料理人・江川さんが手がける、正統派の和食とそばの店。料理人 江川[交]都営大江戸線本郷三丁目駅4番出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

【閉店】料理人 江川(最寄駅:本郷三丁目駅)

一押しの5000円のコースは、黒塗の器に盛り込まれた美しい前菜盛り合わせからスタートする。これ、純米酒がぐいぐいすすむ。さらにお造り、上品なダシで味わう小鍋仕立てに、本日のおすすめと続き、〆はそば。これでその価格とは目を見張る内容とクオリティである。 気の利いた酒と上質な和食ながらも決して高くない。こんな店を、行きつけに加えたい。

鴨のつくねとキノコのなべ仕立て前菜の盛り合わせ
※5000円のコースより

焼き味噌、いくら、厚焼き玉子、金時草のお浸し、お出汁のジュレがけなど、手の込んだ酒肴が詰まった前菜盛り合わせ。小鍋には椎茸、山エノキ、花びら茸、こすも茸など7種類のきのこが入っている

せいろ
※コースより

香りと喉ごしのバランスを考え、粗挽きをブレンドした蕎麦。本枯れ節を使ったつゆとよく合う

秋刀魚の焼き棒寿司(2貫)
300円

軽く酢で〆た秋刀魚を棒寿司にして、自家製のわた醤油を塗って焼き上げている。秋刀魚の中骨とわたを焼いて作るわた醤油は秋刀魚の旨みが凝縮。単品でも頼める絶品つまみ

日本酒はその時々の入荷で変わる。一合600円~

【閉店】料理人 江川

[住所]東京都文京区本郷5-25-11 本郷川端ビル1F [TEL]03-3818-3575 [営業時間]火~金11時45分~14時LO、月~土18時~22時 [休日]日 [席]カウンター4席、テーブル4席、座敷10席、計18席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サ10%別、お通しなし [交通アクセス]都営大江戸線本郷三丁目駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-3818-3575
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
端正な姿と瑞々しさが特徴の蕎麦は、低速の特製石臼で毎日挽いて手打ちされたもの。日本一の蕎麦の里として知られる北海道・幌加内産玄蕎麦を雪室で鮮度を保ちつつ熟成させた蕎麦を使用している。
蕎麦は独学。店主の三本菅さんが試行錯誤で追求し、製粉所の社長から粉の挽き方を教わるなどして自分の理想とする味を完成させた。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt