MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
しろう(そば/表参道)|上質な和空間でしっぽり楽しむ本格手打ち蕎麦

しろう(そば/表参道)|上質な和空間でしっぽり楽しむ本格手打ち蕎麦

若者で賑わう表参道の街にひっそりと佇む古民家風の一軒家。重厚感漂う格子戸を開ければ、古材を使った温かみのあるインテリアが迎えてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》しろう(そば/表参道)|上質な和空間でしっぽり楽しむ本格手打ち蕎麦の画像をチェック! navigate_next

しろう(最寄駅:表参道駅)

大人がゆるりとくつろげるこちらは、オーナーの蕎麦好きが高じて日本料理店から転向した店。その道40年の蕎麦打ち名人・永山寛康さん監修の本格手打ちが味わえる。 粗挽き粉を使った風味豊かなせいろは基本的に二八で打つが、その日のおすすめや蕎麦粉の状態により十割や外一でも提供。ほかにも挽きぐるみを中太打ちした田舎風など、挽き方と打ち方が異なるさまざまな味わいを堪能できる。どこか懐かしい和空間に身をゆだねる時の流れもまた愉しく、蕎麦前で一献もよし。大切な人を連れて行きたくなる店だ。

天せいろ
1680円

蕎麦粉の産地は北海道や茨城などから時季によって変え、せいろは粗挽き粉を使う。鼻に抜ける香りと滑るようなのど越しだ。せいろ用のつゆは本枯節のみのダシで仕上げる。本わさびは西伊豆の高級品。天ぷらは大エビと季節野菜

変わり蕎麦(大葉)
950円

日によって変わり、取材時は大葉。刻んで更科粉に打ち込み、少し平打ちにすることで独特の香りを際立たせる

そば豆腐
450円

豆乳をベースに蕎麦粉と吉野本葛で練り上げたもの。かえしとみりんを合わせたとろみのあるタレでいただく

蕎麦屋の玉子焼き
980円※しろうの値段は税別です

コクある茨城県産「奥久慈卵」を4個使う。蕎麦のダシがたっぷり

[その他のメニュー] せいろ780円、粗挽きせいろ900円、かき揚げ天せいろ1680円、鴨南蛮1580円、花巻980円、揚げそば餡かけ1200円など

しろう

[住所]東京都渋谷区神宮前3-5-1 [TEL]03-5414-2311 [営業時間]11時半~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]木曜日 [座席]1階カウンター6席、テーブル8席、個室2名×1室、6名×1室、2階小上がり座敷20名、計42席(※中学生未満は入店不可)/全席禁煙/コース注文時のみ夜の予約可/カード不可/サなし [アクセス]地下鉄千代田線ほか表参道駅A2出口から徒歩6分

電話番号 03-5414-2311
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
魚屋の女将でもあり、オリジナリティあふれるメニュー開発で人気の料理家・栗原 友さん。その栗原さんが築地で営む、鮮魚とお惣菜の店「クリトモ商店」から、今回は厳選お取り寄せメニューをご紹介します!
世界中から厳選されたワインのほか、ワインを楽しむためのおつまみやグッズなどあらゆるものが勢揃いするお店。ワインパーティーに必要なものがここですべて揃うほどの充実ぶりだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル