MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
手打ち蕎麦 うじいえ|生まれ育った地で熟練職人が再出発 地元で評判の店(そば/町屋)

手打ち蕎麦 うじいえ|生まれ育った地で熟練職人が再出発 地元で評判の店(そば/町屋)

 新宿で長年店を営んでいた蕎麦職人歴30年の氏家さんが、休業を経て3年前に故郷の町屋を新天地に選んで再出発した。「真心を込めた仕事がしたい」と住宅街に構えた店は小さな看板があるのみだが、彼の蕎麦の旨さは地元で知られた存在だ。

perm_media 《画像ギャラリー》手打ち蕎麦 うじいえ|生まれ育った地で熟練職人が再出発 地元で評判の店(そば/町屋)の画像をチェック! navigate_next

手打ち蕎麦 うじいえ(最寄駅:町屋駅)

 ダシの取り方に心を注ぎ、せいろ用は本枯節のみを使い、かえしと合わせて1~2週間寝かせることでカドが取れたまろみになるようにしている。温かい蕎麦は宗田節に羅臼昆布などで取った上品なダシを。それら手間を惜しまない仕事は真摯な蕎麦の味にも表れている。

天せいろ
1750円

大きな車エビが2尾入る極上品。蕎麦は北海道など農家から取り寄せた挽きたての蕎麦粉を使い、外一で打つ。春は桜切りなど四季の変わり蕎麦も評判。随時登場する蕎麦の実を使ったスイーツも人気だ

そば粉のクレープ北京ダック風
1200円

蕎麦粉100%で焼いたクレープに蕎麦味噌をぬり、鶏肉とレタスなどの野菜を巻いた北京ダック風のつまみ。蕎麦の甘みと焼き味噌が香ばしい

かき南そば
1350円

大ぶりの真牡蠣が入る冬限定の蕎麦。鰹と昆布のダシに薄口醤油を合わせた上品な関西風

出し巻き玉子
800円

蕎麦のダシにかえしを少し加えた味わい。好きな厚さに自分でカット

[その他のメニュー] 日替わりランチ980円 せいろ750円、鳥南せいろ980円、鴨南そば1600円など きまぐれサラダ580円、鳥焼き650円、おまかせコース4300円~など

手打ち蕎麦 うじいえ

[住所]東京都荒川区町屋3-5-13 [TEL]03-6807-8538 [営業時間]11時半~14時、17時半~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]月、第2火 [席]カウンター7席、個室テーブル最大10席、計17席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、夜のみお通し200円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線ほか町屋駅1番出口から徒歩6分

電話番号 03-6807-8538
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル