MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
そば 一仁(鴨南蛮そば/千歳船橋)|二八の粗挽きと鴨もも肉の旨みが成す旨さ

そば 一仁(鴨南蛮そば/千歳船橋)|二八の粗挽きと鴨もも肉の旨みが成す旨さ

 自家製粉手打ちの蕎麦は、二八で星が入って、なかなかの粗挽き。このちょっとざらざらした食感と、鴨もも肉から出る旨み、その組み合わせが独自の世界観を成す鴨南蛮だ。

perm_media 《画像ギャラリー》そば 一仁(鴨南蛮そば/千歳船橋)|二八の粗挽きと鴨もも肉の旨みが成す旨さの画像をチェック! navigate_next

そば 一仁(最寄駅:千歳船橋駅)

 鴨は脂身があり味がよく出るもも肉を使用。薄めにスライスすることで、つゆに旨みを放出し、食感は柔らかくなる。ふんわり大きめのミンチには鴨のワイルドな味わいが詰まっている。その旨みを受け止めるつゆのダシは、厚削りの鯖節一本。フレッシュさを大事にし、その日に使い切る。食感が印象的で、噛めば口中に香りが広がる蕎麦。その香りと力強さ、旨みの出たコクのある深いつゆ、鴨の野趣がぴたりと合い、なんとも味わい深い。

鴨南蛮そば
1250円

鴨肉は京都産で飼育期間が長めのものを使用。味がのっている。もも肉はスライスすることでよりつゆに味を出し、食感は柔らかく。豆腐も入った鴨肉のミンチはふんわりしつつも鴨の味が濃い。深くて力強さもあるつゆと粗挽きの蕎麦がよく合う

沢煮そば
1300円

にんじん、大根、ごぼう、セリ。千切りされた根菜がのり、吸い口に黒胡椒。爽やかで野菜の食感もいいこの時季ならではの味

[酒] 生500円、中瓶580円 一合680円~ 1合600円~ 

[その他のメニュー]そば豆腐500円、おきつねやき600円、季節の野菜天ぷら800円、季節のおつまみ三点盛り650円、せいろそば550円、えび野菜天せいろ1500円、花巻そば800円、豚そば1100円など

そば 一仁

[住所]東京都世田谷区桜丘2-26-11
[TEL]03-5799-6517 
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~21時半(21時LO)※ランチタイム有 
[休日]日 
[席]テーブル11席、座敷8席 計19席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし
[交通アクセス]小田急小田原線千歳船橋駅南口から徒歩3分

電話番号 03-5799-6517
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
「永井荷風先生は毎日同じ時間にいらして、同じ席に座り、いつも『かしわ南ばん』を頼んで召し上がっていたそうです」と語るのは、万延元年(1860)創業の尾張屋・6代目で修業中の田中秀典さん。具は特注のごま油で炒めた鶏ムネ肉と、たっぷりのネギ。
経営母体が“意外”といいますか、考えてみればしごく必然で真っ当なんだけど、でも意外と少ないパターンのお店を2軒!
まずは老舗蕎麦屋が営む立ち食い蕎麦。
立ち食いといえば駅蕎麦、駅蕎麦といえば立ち食いというくらい、駅と立ち食い蕎麦は切ってもきれない縁がある。だが日本のセントラルステーションたる東京駅の構内に今、立ち食い蕎麦屋はたった一軒しかなかった。
東京は上野で育った店主が目指したのは、自家製粉で打つ「二八蕎麦」。石臼の素材は熱を持ちにくい蟻巣石を採用し、丸抜きで仕入れた蕎麦の香りが飛んでしまわぬよう、細心の注意を払って製粉している。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル