SNSで最新情報をチェック

今年は年頭から世界中がコロナで大混乱に陥り、生活の変化を余儀なくされた人も少なくない。そんななかで迎える9月は2020年の正念場。 「なにかを終わらせて新しくなにか始める」切り替えのとき。 どんな形であっても人生の転機を迎えるなら、苦難を乗り越え「前向きに前進する力」が絶対に必要。そんな9月を司る一白水星の「気」をつかむには「旬の魚」がイチオシ!

画像ギャラリー

[9月の全体運]社会的にも個人的にも、9月は今年いちばんの正念場。 それぞれがそれぞれの場所で「力」が試される時。

2020年のテーマでもある「何かを終わらせ、新しく何かを始める」という運勢に乗る絶好のチャンス!
事柄の大小ではなく、仕事、人間関係、健康などでドンと落ち込むことがありそう!
しかし、裏を返せば「これが最悪ならばあとは上がるしかない」と言える。
物事は捉え方次第。
大切なことはどんな状況であっても前向きであること!
そして柔軟であること!
9月は「大丈夫!」を合言葉に前進を!

前向きに前進する力は「旬の魚」でゲット!

一白水星が司る9月は、社会的にも個人的にも運勢が一旦「穴に落ちる」ため、低迷することが多くなり、心身ともに落ち込みやすくなります。
そんな9月を上手に過ごすために必要なことは、一白水星の象意でもある「水」の質を取り入れること。
水は冷やせば「氷」に、熱せば「水蒸気」に。
そして激しい濁流にもなれば静かな湖面の水など、自由自在にその姿を変化させます。
9月はまさに「水」のように柔軟に自分自身を変化させ、前進するイメージを持つとよいでしょう!
そんな9月の「ツキめし」は水繋がりで「旬の魚」をピックアップ!
旬のものは自然の恵みを受けているため生命力が強く栄養価も高いとされていることから、旬のものを旬に食べることは、免疫力を高めたり、抵抗力をつけたり、丈夫な身体や精神力を養うことにつながります。
「カツオ」「サンマ」「サケ」など9月を代表する旬の魚たち。
中でも回遊魚で秋が旬の「戻りカツオ」は、鉄分が豊富なほか、ビタミンA、Dを始め、良質なタンパク質や「血液をサラサラにする」「中性脂肪値を下げる」「血管年齢を若く保つ」などの効果が期待できるEPA、DHAなどもたっぷり含んでおり、働き盛りのビジネスマンにはオススメだ!

9月の開運メシは、これをチェック!

旨み溢れる“自慢の「藁焼きカツオ」”を種類豊富な酒とともに味わえる店!

黒潮にのって太平洋岸を北上したり南下したり、環境を味方にして生きるカツオ。
エネルギーの塊でもある秋のカツオを食し、前向きに前進する力をゲットしよう!

秋の味覚「さんまの塩焼き」でタンパク質と良質な脂質を摂ろう!/オヤジのコンビニ食ダイエット

疲れたときやテンションダウンのときこそ、今月の「開運めし」が強力助っ人に!
コンビニでササッと手軽に運気アップ!

◎「絶品!ご飯のお供をお取り寄せ」ランキング3位を獲得!
絶品「サーモン塩辛」をお取り寄せ!

おにぎりやお茶漬けなどでおなじみのサケをちょっぴり贅沢な塩辛で。
抗酸化力のある赤身を食し、身体に活力を!

九星別 9月の運勢はこちら!

「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。
「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?
行動の指針として活用できます。
個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。
まずは下の本命星一覧表から生まれ年を元に自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。

※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星

九星それぞれの、9月の運勢がコチラ!

先月からの盛運のまま一気に進みたい9月だが、
今月は一旦立ち止まり足元をしっかり固めたいとき。
自分やこれまでを振り返りつつ、ゆっくりと次の策を練ろう。
ひとり時間を楽しめる一白水星は人に相談することを遠慮しがちだが、
9月は親しい人と語らう時間が大切!
思いがけないアイデアや人生のヒントがもらえそうだ。

9月、再び忙しさが戻ってくる気配。
思いもかけず目上の人から引き立てられたり、
周囲からの期待も高まるとき。
結果を焦らず、持ち前の堅実さで進もう!
行動のポイントは「謙遜」と「謙虚」。
まずは相手を認め、素直に学ぼうとする姿勢が大切。
「ありがとう!」の言葉と礼儀正しい態度で好感度もアップ。

良くも悪くも何かと目立ちやすい9月は、
仕事でも私生活でも気を抜かずしっかり行きたい!
「このくらいなら……」という心の隙間に
暗雲が立ち込めるので気をつけて!
とくに隠し事やヒミツを持っている人は
不用意に発したひと言ですべてが露呈しそう!
冒険を避け日常のペースを崩さないことが大切!

もともと強運の四緑木星の実力が試される9月。
転職、引っ越しなど環境が変わったり、価値観を180度変えられるような
出来事が起きたりと、スリリングな1ヵ月に。
でも、その変化に決意を持って積極的に乗っていこう!
人の面倒を見たり、相談事を持ちかけられる場面も。
体調を崩しては元も子もない。
無理せず「疲れたら休む」を心がけると◎。

9月、運勢自体は強いが
自分の思い通りに進まないという矛盾を抱える。
思わずイライラしそうなときだからこそ
大切にしたいのが「やさしさ」と「思いやり」。
五黄土星はもともと愛情たっぷりなのに、
相手に伝えるのが苦手で誤解されやすい。
どんな場面でも「笑顔」が切り札に!
今月は「顔で笑って心で泣いて」を実行してほしい。

高運期の中にあって一度パワーダウンする9月。
気分もイマイチ盛り上がらずテンション低めの1ヵ月に。
とくに注意が必要になるのが人間関係。
些細な行き違いからギクシャクする場面が。
信頼できる人の忠告が、耳に痛いことも。
それでも今月は反抗することなく謙虚に聞き入れること!
また「言霊」が大切なとき。
愚痴やネガティブな発言に要注意!

運気が回復し、やる気満々になる9月。
ただし、スポーツ同様ウォーミングアップは必要不可欠。
目標が決まると一気に駆け出す七赤金星だが、
しっかりと土台を築けるかどうかがポイントだ。
今月は、まずは気持ちを充実させ、
自己過信せずしっかり準備をしたいとき。
人との縁も広がりやすいので社交的に!

大河のごとくゆったり流れていくイメージの9月。
表面的には次々と忙しくアグレッシブに動いていても、
心の中は静かに落ち着いている状態がベスト。
なかには自分の考えていたように物事が運ばず、
イライラ、キリキリしてしまう人も。
そんなときも諦めることなく、ふて腐れることなく
深呼吸をして一拍置いてから歩き出す余裕を持つと◎!

運気最高潮! 勝負するなら9月は絶好のチャンス!
海外なども含めて、積極的に動き回りたいが、
コロナの影響もあり実際には動けないことが多いはず。
デジタルツールを活用した遠方とのやりとりが、
今後の行動半径を広げることに繋がっていくとき。
私利私欲ではなく、人のためになること、
社会貢献的な活動にも目を向けたい!

鈴木彩夏
しゃべること、食べること、飲むこと大好きの七赤金星。
「九星気学」読み解きのおもしろさにハマり、ただいま絶賛開運中!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...