SNSで最新情報をチェック

食べるときのおなかの減り具合や作るものによって、パンの厚みを調整したいことって、ないですか? そんなとき、スライサーがあれば……って。 パンスライサーにはいろいろ種類あるけど、今回は、横切りスライサーを選んで実際に使ってみました。

焼き立てパンが上手くカットできる、ヨコ切りの『ヨコ切りパンスライサー』に挑戦!

食べるときのおなかの減り具合や作るものによって、パンの厚みを調整したいことって、ないですか?
そんなとき、スライサーがあれば……って。
パンスライサーにはいろいろな種類があるけど、今回は、横切りスライサーを選んで実際に使ってみました。

ヨコ切りパンスライサー
サイズ:160×235×70mm
安全ガード・厚み調節板・底皿:ABS樹脂(耐熱温度80℃ 耐冷温度-30℃)
本体枠:スチロール樹脂(耐熱温度70℃ 耐冷温度-30℃)
ナイフあて:ポリプロピレン(耐熱温度120℃ 耐冷温度-20℃)
製造元 曙産業
発売元 ヨコカワ

本体枠には、カットできるパンの厚みが書いてありま~す。

本体枠は、こんな感じ。

ナイフあて

安全ガード

厚み調節板

これらの分解したパーツを、重ねつつ組み立てます。

本多枠と底皿を、
カチっ! と押し込みます。

安全ガードとナイフあても
組み立て。

厚み調節板をカットしたい厚みに、
スルスル~とセットして……。

やっと、セット完成!!
いよいよ、パンをカットしま~す。

取説には、パン切ナイフについて『*普通の包丁では、パンは上手く切ることができません。
波刃のパン切りナイフをご使用ください』ってかいてあるけん。
以前紹介した、VICTORINOXのトマトベジタブルナイフで試し切り……。
これはパン切もできるけん、まずはこれでやってみよう~。

あれ?

これは、刃が足りない……。
ナイフの長さが関係するのか?
今回は、パン切りナイフをお友達にかりてしまいました~(笑)。
これなら、やれるかなぁ~。

ナイフの刃の長さは、225mm。
横切りスライサーの枠は、160mmです。

さっそく、パン切に挑戦!!

食パンを横に倒し、
左奥の角に合わせさて置きます。

ふむふむ。

安全ガードとナイフあての間に
ナイフを入れます。

いい感じに、簡単に安定してカットできています。

パカッ!!

こんな感じにきれいに切れました~。

底皿があり、
パンくずもここに落ちて、
よかばい。

何枚かカットしていると……。
あれ?
安全ガードとナイフあてが、安定していないから、少しやりにくいときがあります。
もう少し、カチッとはまってほしかばい。
ナイフを入れてカットするけん、動きがないとカットできないからかなぁ~?

ケースの側面には、
カットしたいパンの厚みが5段階、
こんな感じ書いてあるけん、
厚み調節板刺し込みます。

4枚切りの3センチ〜、12枚切りの1センチまで。
そしてこれが、カットした食パンです。

柔らかい食パンも、
上手くカットできたばい。

ふだん、4枚ぎりはなかなか買わないので、やってみたかったトーストにチャレンジしてみたばい。
パンにバターをのせて、トースターへ。

厚切りパンのトーストが、完成!

ヨコ切りスライサーでカットした食パンで作った、サンドイッチ。

最近、食パンが流行っていることもあって、カットされていない『生』食パンが多く……。
『ヨコ切りパンスライサー』を選んで試してみました。
使ってみた感想としては……。
パンをヨコ切りすることは、斜めになったりせず、安定していて、たしかに切りやすかったです。
ただ、使ったあとで洗うときには、全部が解体できるので衛生的なんですが、パーツがたくさんあり、ちょっと手間かかるなぁ~って思いました。
とはいえ、結局はパンを切るナイフ次第。
ナイフの刃の長さって、重要なんだと気づきました(笑)!

田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。

柔らかい食パンを1センチに切るのはなかなか上手くカットできないんですけど、ヨコスライサーを使うと、安定して切れたので、サンドウィッチも作ってみました。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

こだわりを目一杯織り込む進化系がある一方で、昔ながらのしみじみ旨い一杯を提供する店も健在。ラーメン界...