SNSで最新情報をチェック

明るく広々として入りやすい雰囲気の店内。今年でちょうど70年(2020年3月号発売時点の情報)、親子4代でのれんをつないできた老舗店舗を数年前に改装した。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

いなりや(最寄駅:南砂町駅)

戦後から続く返しの味をたっぷり含んだ熱々のカツ

蕎麦前や食事メニューも充実し、平日・休日の昼夜ともに地元民で賑わいを見せる。太白ごま油をブレンドし、国産豚ロースを香ばしく揚げた大きなカツに絡むのは、甘さと辛さのバランスがちょうどよいまろやかなつゆ。お客の好みに合わせて、丼の汁を多くしたり少なくしたりすることもあるのだとか。千葉県産のコシヒカリに、つゆをしっかり含んだ卵・カツ・玉ネギが絶妙になじみ、香ばしさと甘い香りが一体となる。

かつ丼

900円

天ざる

1600円

長野県産と北海道産の蕎麦粉を使った打ちたての自家製蕎麦。天ぷらのエビは特大サイズにこだわるのがいなりやの心意気。地元客が多く訪れ、今も出前注文も続けている。町の頼れるお蕎麦屋だ

お店からの一言

店主 石田朝男さん(中)、女将 かおるさん、淳也さん

「蕎麦やご飯は半量注文もOK家族やシニアも喜ぶ味をどうぞ!」

いなりやの店舗情報

[住所]東京都江東区南砂4-7-25 [TEL]03-3648-2121 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、16時半~20時(19時45分LO、土・日・祝16時半~19時半LO) ※売り切れじまいあり ※ランチタイム有 [休日]木 [席]掘りごたつ席あり、全36席/全席禁煙/予約可/カード不可、PayPay可 [交通アクセス]地下鉄東西線南砂町駅1番出口から徒歩10分

電話番号 03-3648-2121

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2020年3月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...