SNSで最新情報をチェック

小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。

画像ギャラリー

東京・東部の交通の要衝「錦糸町」 23本もの系統・路線が発車!

錦糸町(きんしちょう)は東京都東部の交通の要衝だ。鉄路だけでなくバス路線がとにかく充実。ざっと数えてみたところ、23本もの系統・路線が駅前から発車している。故に拙著『バスを待つ男』(実業之日本社文庫刊(講談社じゃなくてゴメンナサイ汗))の主人公は、ここに住んでいる設定にした

……なぁんてエラそうに言ってみたが、いざ来てみたら乗るつもりだった都バス「上26」系統の乗り場がない。見当たらない!

慌ててスマホで路線図を呼び出し、確認してみたら、「上26」が出るのはお隣の亀戸(かめいど)駅前でした。ショック――

まぁ、仕方がない。どっかで乗り換えるしかない。

ふと見ると目の前から、「錦37」系統が発車するところ。これ、押上(おしあげ)駅を通る。
じゃぁ「上26」に乗り換えられるな、と急いで飛び乗った。

「上26」に乗り換え 上野方面へ

駅北口のロータリーを出ると、四ツ目通りをひたすら北上。ずっと乗っていれば葛飾区の「青戸(あおと)車庫」まで行くが、押上駅前のロータリーで下車した。東京スカイツリーと、足元の商業施設「東京ソラマチ」前をひたすら歩いて、「とうきょうスカイツリー駅前」へ。本数が少ないのでちょっと待たされたが無事、最初の目的だった「上26」に乗り換えることができた。ホッ……

「上26」系統はスカイツリーの足元を離れると、言問(こととい)通り沿いにずっと走って陸橋でJRの線路を跨ぎ、根津(ねづ)で不忍(しのばず)通りに左折して、上野に向かう

だがここでも、終点までは乗らない。「入谷鬼子母神(いりやきしもじん)」バス停で途中下車した。別にお参りがしたいわけではない。ここには、元祖カツカレーの店「河金(かわきん)」があるのですよ。

次のページ
カツ丼のルーツに思いをはせる...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...