SNSで最新情報をチェック

小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」の連載エッセイなど、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。『おとなの週末Web』では、西村さんが東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介しています。今回から「商店街編」が始まります。第1回は「砂町銀座」です。

「東京3大銀座」の一つ

今回のバスグルメでは東京の古い商店街を巡ります。そういうところだったらきっと私好みの、味のある食堂も見つかるに違いない、と睨んで。

ただ、考えてみれば商店街って、駅前なんかに普通ありますよね。人通りの発するところに自然発生的に、商店街も生まれる。なのに電車で行けば簡単なのに、なぜバスで行くの? と問われれば答えに窮してしまう。

そこで電車ではなかなか行きにくく、バスで行った方が楽な商店街、に絞ってターゲットとします。そうすると自然と、第1回にふさわしいところが浮かんだ。

「砂町銀座」

「東京3大銀座」の一つ(もちろん「本家」銀座は含まれないし、選ぶ人にとって異説もありますが)に数えられるにもかかわらず、どの駅からも離れているので有名。ね、今回のテーマにぴったりでしょう。

ただし事前にバス路線図で見てみると、電車では確かに行きにくいけど、近くを走るバス路線はかなり多いことが分かった。JR錦糸町や亀戸あたりからバスに乗り換えれば、難なく着いてしまう。

でもそれじゃ、面白くない。

あれこれ検討した結果、都バス「秋26」系統に乗ることにしました。JR秋葉原駅と東京メトロ東西線の葛西駅とをつなぐ路線で、目の前というわけではないけれど「砂町銀座」の近くも通る。そこそこの距離を乗ることになるから、これは楽しそうだ、と踏んで。

秋葉原駅前から乗車

方向感覚を失う楽しみ それが路線バス旅の魅力

てなわけで早速、秋葉原駅前から件のバスに乗り込みます。

バスは駅前のロータリーを出ると、「昭和通り」を右折して走り出します。ところがすぐにまた右折。JRの高架を潜ってしまいました。これじゃ、反対方向じゃないの!?

「中央通り」に出ると、今度は左折。万世橋で神田川を渡りました。しばらくこの道沿いに行くのかな、と思ったら神田駅の目の前で、また左折。もうこうなると、乗っていてわけが分からなくなる。俺、今どっちを向いて走ってるんだろう? 同時にワクワクして来る。個人的な意見ながら、これが路線バス旅の楽しみの一つなのです。

その後もバスは複雑な右折左折を繰り返す。路線図を見てください(青線で示してるのが「砂町銀座」)。ね、本当に出発後しばらく、ぐにゃぐにゃと折れ曲がってるでしょう。そうして東神田で清洲橋通りに出て、後はずっとこれ沿いに走り出す。

「秋26」系統で「砂町銀座」へ

そうしたら「明治座」の目の前で、停車。芝居見物を終えたらしいオバチャン達が、ぞろぞろと乗って来ました。花を持った人も何人かいる。閉演時、舞台に駆け寄ってお目当ての俳優に渡そうとしたのに、上手くいかなくて持ち帰るしかなかったのかなぁ。そんな風に乗客を観察して、勝手に想像を膨らませるのも、楽しい。

いやいや途中が面白すぎて、目的の商店街に着くまでに書き過ぎてしまいそう(笑)。バスは清洲橋で隅田川を渡ると地下鉄、清澄白河駅の上を走り抜けます。その先が、扇橋。講談社のWebマガジン「tree」の連載、「日和バス」のロケハンでここは来たことがある。ところが来る時の方向が違ってたので一瞬、戸惑いました。ははぁ、あの時とは90度ズレて、こっちの側から扇橋を渡ったわけか……あぁいかん、楽し過ぎるっ!

通りは南東に方向を変えて続きます。途中、立体交差を潜った。と、思ったら次が目的の「境川」バス停でした。停車ボタンを押して、下車。

通りをちょっと戻ると明治通りとの交差点。これを北へ行くと、「砂町銀座」の入り口に着ける筈。やがて目の前に、ずらりと並んだ行列が見えて来ました。どうやらお寿司屋さんに入る順番待ちみたい。まだ商店街には至ってないけど、そろそろっぽいなぁ、との感じが増して来る。

次のページ
明治座の弁当が売られている!...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

こだわりを目一杯織り込む進化系がある一方で、昔ながらのしみじみ旨い一杯を提供する店も健在。ラーメン界...