×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

何となく男と女の話になって、女性観の話をしていた時……

あれは1981年末か1982年初頭だったと記憶する。東京は渋谷、道玄坂。白い小石が敷かれたガラス張りの喫茶店。ぼくと桑田佳祐は向かい合って、コーヒーを飲んでいた

まだバブル前。一億総中流と思い込んでいた時代だった。現在のように結婚しない若者はまだ少なかった。ある年齢になると男も女も結婚するのが当たり前、そんな空気感が辛うじて保たれていた。

デビュー曲、「勝手にシンドバッド」が大ヒット。次々とヒットを放つサザンオールスターズ、桑田佳祐は、すでにスーパースターとなっていた。サザンオールスターズと言えば、夏、海、湘南というイメージも確立されていた。

コーヒーを一口、二口飲んで、話は彼がアマチュア時代にカヴァーしていた、クリームやディープ・パープルなどの話で盛り上がっていた。

やがて何となく男と女の話になった。女性観の話をしていた時だった。桑田佳祐が突然、“俺、結婚しようと思うんですよ”と言った。誰と結婚するのか、ぼくは尋ねた。

“ハラボーというか、原由子さんとです”と彼は答えた。へぇ~とぼくは思った。それが第一印象だった。サザンオールスターズの桑田佳祐と言えば、当時はモテモテ男。どんなスーパーモデルや女優さんでも彼と結婚したいという女性は多かったはずだ。

それが青山学院大学の一年後輩、サザンオールスターズの結成時から一緒だった原由子が相手とは驚いた。

左から『熱い胸さわぎ』(1978年)『タイニイ・バブルス』(1980年)『NUDE MAN』(1982年)『人気者で行こう』(1984年)『10ナンバーズ・からっと』(1979年)『Young Love』(1996年)『綺麗』(1983年)
次のページ
「何でハラボーなの?」 尋ねるぼくに「白い小石」をひとつ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

岩田由記夫
岩田由記夫

岩田由記夫

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…