MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
テレビ出演を控えていたサザン・桑田は言った「短パンにTシャツでスタジオ中を跳びはねてやろう」 音楽の達人“秘話”・桑田佳祐(2)

テレビ出演を控えていたサザン・桑田は言った「短パンにTシャツでスタジオ中を跳びはねてやろう」 音楽の達人“秘話”・桑田佳祐(2)

『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。国民的バンドとなったサザンオールスターズ、桑田佳祐の第2回です。

perm_media 音楽の達人“秘話”・桑田佳祐(2)と、執筆者の岩田由記夫氏の画像をチェック! navigate_next

テレビで売れることを潔しとしない……ニューミュージック勢のステイタス

令和の現在、若年層の3分の1はテレビを観ないという。昭和の時代、テレビは流行や風俗の発信源だった。特に音楽は、テレビで発信されるとヒットに結びつくケースが多かった。まだJ-POPという言葉はなく、ニューミュージックという言葉が、歌謡曲以外の音楽を包括していた。

歌謡曲がスタンダードで、ニューミュージックは、そのアンチと言えた。多くのニューミュージック系のミュージシャン、例えば井上陽水、荒井由実、吉田拓郎などといった人々は、テレビで売れることを潔しとしなかった。テレビを使わないで売れるというのは、ニューミュージック勢のステイタスだったのだ

左から『熱い胸さわぎ』(1978年)『タイニイ・バブルス』(1980年)『NUDE MAN』(1982年)『人気者で行こう』(1984年)『10ナンバーズ・からっと』(1979年)『Young Love』(1996年)『綺麗』(1983年)

「テレビへの抵抗なんて、まったくありませんね。売れなきゃ仕様がないですよね」

正しく昭和ムードと今なら言える。原宿は表参道にあったビクター・レコードの地下の喫茶店。デビュー直後のサザンオールスターズの桑田佳祐は、テレビについて語ってくれた

デビューして暫く、サザンオールスターズはまったく売れなかった。彼らを売り出そうとビクター・レコードと所属プロダクションのアミューズは、テレビのブッキングを懸命に行った。その成果、ぼくと逢った時、桑田佳祐は、秋頃からのテレビ出演を控えていた。

ニューミュージック的な立ち位置からデビューしたサザンオールスターズが、テレビに出ることへの抵抗がないのか、桑田佳祐に尋ねた。

“テレビへの抵抗なんて、まったくありませんね。売れなきゃ仕様がないですよね。ぼくらもスタッフも、売れるために頑張ってんだから”

ニューミュージックの多くのミュージシャンは、団塊の世代だった。桑田佳祐は、団塊世代だけでなく、次の世代に当たる。テレビに関する思いが、上の世代と異なるのだ。

“テレビに出て、引っ掻き回したいと思ってんですよ。皆さんがステージ衣装でめかし込んでいるなら、ぼくは短パンにTシャツ、普段着でスタジオ中を跳びはねてやろう、そういうスタイルで出演しますから、岩田さんもぼくらがテレビに出たら、観てくださいね”

「勝手にシンドバッド」は、湘南・茅ヶ崎の普段着にぴったりだ

デビュー曲、「勝手にシンドバッド」。ジュリーこと沢田研二の「勝手にしやがれ」と人気全盛だったピンク・レディーの「渚のシンドバッド」を借用して、曲名が付けられた。ロックをベースにした踊れる曲だった。今なら得心する。この曲はステージ衣装でなく、桑田佳祐の出身地、湘南は茅ヶ崎の普段着にぴったりだと。

桑田佳祐は、ニューミュージック勢のようにテレビに出ないことで、テレビに対する姿勢を明らかにする逆の姿勢でテレビの音楽番組を内側から、引っ掻き回したかったのだ

この企みは、ズバリ当たる。テレビの人気音楽番組に出たサザンオールスターズは、目立ちまくっていた。スタジオを動き回る桑田佳祐を、カメラは必死で追っていた

桑田佳祐は及びスタッフの思惑通り、サザンオールスターズは、1978年の秋の終わり頃には、人気がブレイクした。

型破りだったサザンが「先例」を作った

曲のタイトルにしろ、サザンオールスターズは型破りだった。たかだかテレビなのだが、サザンオールスターズはその後に続くミュージシャンたちのテレビへの接し方を提示したと言えるだろう。団塊世代のミュージシャンはともかくとして、サザンオールスターズ以降のミュージシャンたちは、テレビに露出しやすくなったのだ。

“ロックというのは、何が起こるか分からないから面白いと思うんですね。サザンオールスターズも一応、ロック・バンドのつもりだから、いわゆるひとつのハプニングを起こさなければ、そう考えています”

ブレイクした後も、サザンオールスターズは、実に上手くテレビと付き合った。テレビを御したと言っていい。テレビに対するミュージシャンの姿勢。今では何でもないことだが、何でもない先例を作ったのは、サザンオールスターズだった。

サザンの名盤の数々

岩田由記夫

岩田由記夫

1950年、東京生まれ。音楽評論家、オーディオライター、プロデューサー。70年代半ばから講談社の雑誌などで活躍。長く、オーディオ・音楽誌を中心に執筆活動を続け、取材した国内外のアーティストは2000人以上。マドンナ、スティング、キース・リチャーズ、リンゴ・スター、ロバート・プラント、大滝詠一、忌野清志郎、桑田佳祐、山下達郎、竹内まりや、細野晴臣……と、音楽史に名を刻む多くのレジェンドたちと会ってきた。FMラジオの構成や選曲も手掛け、パーソナリティーも担当。プロデューサーとして携わったレコードやCDも数多い。著書に『ぼくが出会った素晴らしきミュージシャンたち』など。 電子書籍『ROCK絶対名曲秘話』を刊行中。東京・大岡山で、貴重なアナログ・レコードを約400万円のプレーヤーなどハイエンドのオーディオシステムで聴く『レコードの達人』を偶数月に開催中。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
シリーズ累計815万部超の大ヒット漫画『きのう何食べた?』(よしながふみ著、モーニングKC)のTVドラマに登場する料理レシピを収めた『公式ガイド&レシピ きのう何食べた?~シロさんの簡単レシピ~』(講談社)。その人気レシピ本の続編が刊行されました。本書では、2020年放送の正月スペシャルドラマや2021年11月3日公開の劇場版などで、弁護士・シロさん(西島秀俊)と美容師・ケンジ(内野聖陽)の恋人同士2人が暮らすアパートの食卓に並んだ料理のレシピを紹介しています。『おとなの週末Web』ではその中から2品を厳選。前後編に分けて期間限定で公開します。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル