SNSで最新情報をチェック

旬の果物や野菜を使ったパンが棚にズラリと並び、彩り豊か。パン屋さんに行けば、季節を感じら れます。ここでは秋の味覚とさまざまな生地の組み合わせが絶妙だったパンをお届けします。

画像ギャラリー

【デニッシュ×りんご】『CORDUROY コーデュロイ』@瑞江

アップルパイデニッシュ(1個280円)
食感、味わいのバランスが絶妙

サクサク食感が楽しい!濃厚なリンゴパイ

驚くほどサクサクッとした食感に感動した。“デンマーク風のパイ菓子”を意味する「デニッシュ」は、写真のように生地を縦向きにし、軽やかに焼き上げている。中に入るのは濃厚で甘酸っぱいリンゴのペースト。ベストな状態で堪能するなら、できるだけ早めに
いただきたい。

店舗隣の「たいよう公園」で、自家製ドリンク(260円〜)や近隣の小島農園の野菜を使ったスープ(350円)などとパクッといけば、より幸せなひと時が過ごせるだろう。

画像上:トロペジェンヌ(330円)
画像下:塩バタかぼちゃ(200円)
いずれもオーダー後に中身を入れる。「トロペジェンヌ」は南仏の港町、サン・トロペの名物。キビ糖のブリオッシュにバニラビーンズをふんだんに使ったカスタードクリームがたっぷり。なめらかなカボチャあんとバターの塩気がクセになる「塩バタかぼちゃ」は秋限定

青菜を使用した自家製カレーのカリーポッター(1個180円)
パンにより粉を使い分ける。ふすま小麦を使い長時間発酵させることで噛み締めて旨い味に仕上げた

住所:東京都江戸川区南篠崎町2-3-4
TEL:03-6638-8303
営業時間:7時〜19時※売り切れ次第終了
定休日:月・火 予約要相談
交通:都営新宿線瑞江駅南口から徒歩10分

『CORDUROY』内観

『CORDUROY』外観

【バゲットアラマン×サツマイモ】『Comme’N TOKYO コム・ントウキョウ』@九品仏

さつまいもと大豆バター(518円)
大豆バターを使用。植物性なので口当たりも軽やか 

さつまいもと大豆バター(518円)
切る前はこんなカタチ!

秋風ふわり、手捏ねがもたらす香り高い風味に感動

「パンと向き合い、日々正直に作るだけです」と話すシェフの大澤秀一さん。日に70 〜80種類程度のパンを次から次へと焼き、閉店まで極力切らさないことを目指す。

「バゲットアラマン」とは“手ごねのバゲット”の意。その名の通り、人力で捏ねることで余計な熱が入らず、小麦粉の風味と甘みを感じさせる。表面をしっかり焼き、中の水分を閉じ込めた生地はむちむちの食感で、サツマイモのやさしい甘さ大豆バターの柔らかな塩味があとを引く。

画像上:シナモンロール(324円)
画像下:クロワッサン・オ・ザマンド(486円)
アーモンドと栗の風味が豊かな「クロワッサン・オ・ザマンド」。ごろっと大きな栗の甘露煮がサンドされ、重量感があるのにペロリといける。ふわふわの「シナモンロール」は、表面を焼くことで香ばしさを加え、味に奥行きを与えている

商品は随時入れ替わる
住所:東京都世田谷区奥沢7-18-5
TEL:非公開
営業時間:7時〜18時 店頭でのみ予約・取り置き可
定休日:火・水
交通:東急大井町線九品仏駅から徒歩1分
『Comme’N TOKYO』内観
『Comme’N TOKYO』外観

次のページ
【クロワッサン×季節野菜】『Boulan...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...