MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
壬生「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」パンチ力抜群!わしわし食うべし(そば/池袋)

壬生「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」パンチ力抜群!わしわし食うべし(そば/池袋)

“なぜ蕎麦にラー油を入れるのか”と問いかける看板に違わず、そばつゆにはラー油入り。のみならず、ねぎ、刻み海苔、ゴマ、肉、蕎麦はどれも大量で、チョモランマ級の盛りも迫力十分だ。壬生 (みぶ)

perm_media 《画像ギャラリー》壬生「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」パンチ力抜群!わしわし食うべし(そば/池袋)の画像をチェック! navigate_next

壬生(最寄駅:池袋駅)

中細のもちもち麺とこれらをつゆにつけ、口中でひとつにすれば、さしずめ和そば版のつけ麺といった感じでイケる。しゃぶしゃぶ系の薄切り牛肉もよく絡んで旨し。そう簡単に麺をツルッとはいけないが、喉越しはよく、気がつけば意外にすっと完食!

「肉そば」
790円

肉そばは小・中・大すべて同一料金。写真は大。つゆはラー油入りだが辛過ぎず、いいバランス

「ピンクのチキン南蛮」(単品)
700円

つまみに最高な「チキン南蛮」。ジューシーな肉に、明太子タルタルがアガる!

壬生

東京都豊島区池袋2-73-3 サンスブレンダー池袋1F ☎03-6914-2880 [営]11時〜16時、17時半〜22時(日・祝〜21時・スープ切れ次第終了) [休]無休 [席]カウンター6席、テーブル16席、外8席、計30席 全席禁煙/予約不可/カード不可 [交]JR山手線・地下鉄有楽町線・副都心線・東武東上線池袋駅北口から徒歩8分

電話番号 03-6914-2880
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
立ち食い蕎麦、そしてセルフサービスのチェーン系蕎麦店。そんな気軽に味わえる蕎麦屋が今、どんな蕎麦屋よりもおもしろ美味しく大繁盛中なのだ!! 東京、神奈川にあるお店11軒をドドンとご紹介!
天然や地物にこだわり季節感を大切にしている。当日、何が出てくるかは暖簾をくぐってみなければ分からない。
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
最新記事
白砂糖、合成甘味料、保存料、添加物を一切使用しないチーズケーキ専門店。様々なフレーバーのチーズケーキが揃うが、まず味わってほしいのが「ドライフルーツ レアチーズケーキ」。
美味満載の発酵食品は、知識がなくとも普通に旨い。でもその効果や働きを少しでも知れば、虜になるほど興味津々になること間違いなしです!
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル