MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
壬生「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」パンチ力抜群!わしわし食うべし(そば/池袋)

壬生「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」パンチ力抜群!わしわし食うべし(そば/池袋)

“なぜ蕎麦にラー油を入れるのか”と問いかける看板に違わず、そばつゆにはラー油入り。のみならず、ねぎ、刻み海苔、ゴマ、肉、蕎麦はどれも大量で、チョモランマ級の盛りも迫力十分だ。壬生 (みぶ)

壬生(最寄駅:池袋駅)

中細のもちもち麺とこれらをつゆにつけ、口中でひとつにすれば、さしずめ和そば版のつけ麺といった感じでイケる。しゃぶしゃぶ系の薄切り牛肉もよく絡んで旨し。そう簡単に麺をツルッとはいけないが、喉越しはよく、気がつけば意外にすっと完食!

「肉そば」
790円

肉そばは小・中・大すべて同一料金。写真は大。つゆはラー油入りだが辛過ぎず、いいバランス

「ピンクのチキン南蛮」(単品)
700円

つまみに最高な「チキン南蛮」。ジューシーな肉に、明太子タルタルがアガる!

壬生

東京都豊島区池袋2-73-3 サンスブレンダー池袋1F ☎03-6914-2880 [営]11時〜16時、17時半〜22時(日・祝〜21時・スープ切れ次第終了) [休]無休 [席]カウンター6席、テーブル16席、外8席、計30席 全席禁煙/予約不可/カード不可 [交]JR山手線・地下鉄有楽町線・副都心線・東武東上線池袋駅北口から徒歩8分

電話番号 03-6914-2880
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
端正な姿と瑞々しさが特徴の蕎麦は、低速の特製石臼で毎日挽いて手打ちされたもの。日本一の蕎麦の里として知られる北海道・幌加内産玄蕎麦を雪室で鮮度を保ちつつ熟成させた蕎麦を使用している。
蕎麦は独学。店主の三本菅さんが試行錯誤で追求し、製粉所の社長から粉の挽き方を教わるなどして自分の理想とする味を完成させた。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt