MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
壬生「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」パンチ力抜群!わしわし食うべし(そば/池袋)

壬生「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」パンチ力抜群!わしわし食うべし(そば/池袋)

“なぜ蕎麦にラー油を入れるのか”と問いかける看板に違わず、そばつゆにはラー油入り。のみならず、ねぎ、刻み海苔、ゴマ、肉、蕎麦はどれも大量で、チョモランマ級の盛りも迫力十分だ。壬生 (みぶ)

壬生(最寄駅:池袋駅)

中細のもちもち麺とこれらをつゆにつけ、口中でひとつにすれば、さしずめ和そば版のつけ麺といった感じでイケる。しゃぶしゃぶ系の薄切り牛肉もよく絡んで旨し。そう簡単に麺をツルッとはいけないが、喉越しはよく、気がつけば意外にすっと完食!

「肉そば」
790円

肉そばは小・中・大すべて同一料金。写真は大。つゆはラー油入りだが辛過ぎず、いいバランス

「ピンクのチキン南蛮」(単品)
700円

つまみに最高な「チキン南蛮」。ジューシーな肉に、明太子タルタルがアガる!

壬生

東京都豊島区池袋2-73-3 サンスブレンダー池袋1F ☎03-6914-2880 [営]11時〜16時、17時半〜22時(日・祝〜21時・スープ切れ次第終了) [休]無休 [席]カウンター6席、テーブル16席、外8席、計30席 全席禁煙/予約不可/カード不可 [交]JR山手線・地下鉄有楽町線・副都心線・東武東上線池袋駅北口から徒歩8分

電話番号 03-6914-2880
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業は大正8年。「ラーメンは昔からあって、みそラーメンは僕が中学のころから」と語るのは現ご主人。
蕎麦とハーブティー。一瞬、え? と思うかもしれないが、素材の持つ「香り」や「風味」を大切にしたいという共通点を聞けば合点がいく。
石臼挽きした微粉の摩周産と粗挽きの蘭越産の北海道2種をブレンド。「釜揚げそば」なら、湯気と共に蕎麦の香りが運ばれ、蕎麦湯が絡まることで旨みがダイレクトに伝わってくる。
落ち着いた店内、充実した酒肴、ミシュランガイド福岡でビブグルマンに輝く『赤間茶屋あ三五』監修の蕎麦。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
創業は大正8年。「ラーメンは昔からあって、みそラーメンは僕が中学のころから」と語るのは現ご主人。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
美味しい牛肉が食べたい!と思ったら、どんな料理を想像するだろうか? 焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶ……。一つ忘れてはいないか? すき焼きがあるではないか。 名古屋には旨いすき焼き、それも朝採れのクレソンをふんだんに使ったオシャレなすき焼きを食べさせてくれる店があると聞き、美食家の女友達、A子といっしょに行ってきた。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt