SNSで最新情報をチェック

月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。2021年6月には、連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)が刊行されました。単行本未収録の雑誌掲載作を『おとなの週末Web』で特別公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。

「ほう仔飯は、香港の冬メニューなんです」

今回紹介する作品「ほう仔飯を作って香港気分に浸る」(『おとなの週末』2021年2月号掲載)は、タイトルからもうかがえるように、冬場の香港の名物です。「ほう仔飯(ほうしはん)」の「ほう」の漢字は、Webページでは正しく表示されない恐れがあるため、今回平仮名表記にしていますが、「保」の下に「火」と書きます。「ほう」には「土鍋で煮込む」という意味があるそうです。作品内でも説明されていますように、つまりは、「土鍋で作る炊き込みご飯」です。

ラズウェルさんは、この料理を取り上げた理由について、次のように語ってくれました。

「香港は大好きで毎年12月に行ってたんです。でも、香港がデモで騒がしくなってきて。2019年も行く予定だったんですけど、やめたんです。2020年はコロナがあって、それで行けなくて。ですから、香港の味を家で作ってみようと」

英国から中国への返還が1997年。ラズウェルさんはこの前にも、香港へは2度訪れたことがあり、訪問回数は10数回に上るといいます。

「ほう仔飯は、香港の冬メニューなんです。地元の人にとっては、寒い時期の季節メニューなんですね」

日本の炊き込みご飯とは少し違う点が

“炊き込みご飯“自体は、日本人にとってもおなじみです。しかし、ほう仔飯とは異なる部分があるとのこと。「日本の場合は、炊く前に味を付けるんです。でも、ほう仔飯は炊き上がってから調味料を回しかけ、それから混ぜるんです。だから、味が均一ではなくて、濃い部分と薄い部分とがまだらになります。これがいい味わいなんです」

作品の中では、「ほう仔飯」の調理に悪戦苦闘する様子が描かれています。例えば、土鍋での炊飯。焦げないように、慎重に火加減を調整します。本来ならインディカ米を用いますが、日本米をブレンドしてみるという“実験”も。広東風の腸詰めが入手できないため、代替の食材を試みています。

調理で最も気を付けたことは、「鍋の底が焦げ付かないように、火加減と焦げない時間を割り出すこと」。しかし、その苦労は報われます。最初の一口で見せたラズウェルさんの満面の笑みを、ぜひ、漫画でご確認ください。

ほう仔飯を作って香港気分に浸る(1)
ほう仔飯を作って香港気分に浸る(2)
ほう仔飯を作って香港気分に浸る(3完)

次のページ
『グルメ宝島』には連載20回分を収録...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

こだわりを目一杯織り込む進化系がある一方で、昔ながらのしみじみ旨い一杯を提供する店も健在。ラーメン界...