SNSで最新情報をチェック

『おとなの週末Web』では、手作りの味も追求していきます。なかでも酒とともに味わう肴にはこだわりたいものです。手作りだからこそ味わえる、市販のものとは天と地ほどの別物の味が魅力です。そんな「おとなの週末」を楽しんでいる手作り好きから、季節の自慢の酒肴を、「季節の目印」ともいえる二十四節気にあわせて紹介してもらう企画。「週末手しごと 酒肴二十四節気」と題した、食の歳時記2回目です。

画像ギャラリー

ちょい隠居ジジイの週末手作り あわびが街中の魚屋に並ぶ「旬」は年末から年明け

66歳のオイラ。血圧高めの年金生活ジジイは、ものの値段に敏感です。だから、デパ地下や、有名店の豪華かつ、高価なおせちとはあまり縁がありません。

ところがですよ。数年前、某有名料亭の超高級おせちのカタログで、「蒸しあわび様(クロアワビ使用)」2つが丸ごと鎮座しているお重を発見。

蒸しあわびのお隣には「焼き伊勢海老様」もおられ、値段は8万円を超えていたと記憶しています。8万円の”ワングレード下”のお重は5万円でしたが、そちらには、あわびも伊勢海老の姿もなし。

ざっくりと値踏みすれば、このあわび様らは+3万円の価値があるのであろう

伊勢海老とともにおせちに入ると、+3万円の価値があるらしい蒸しあわび。こちらは筆者作

「いつか、食ってやる……」

そう思い始めたことで、魚屋に行くと丸ごとのあわびの姿を探し求めるようになりました。

しかし、東京の街中の魚屋で、丸のあわびを置いてある店はめったにありません。デパ地下のテナント魚屋の「中島水産」や「魚力」などの活けもの水槽でたまに見かける程度ですが、その高値と同時に、「そこにいつからいるのかな……?」との思いがもたげ、買うまでには至りません。

豊洲に行けば、きっとゴロゴロいるのでしょうが、そもそもあわびは業務用の需要が高い品らしく、寿司屋さん、料理屋さんなどが主たる得意先。したがって、本来の旬の時季である夏から秋にかけても街中にはあまり出まわらないらしい。

見かけたとしても、丸ごとのあわびではなく、刺身として切って盛り付けられたものを見かける程度なのです。

ただし、例外の時期があるという。なじみの魚屋の店主によれば、

「正月前と、正月明けは魚屋の店先にも、丸ままで多少は並ぶよね」

とのこと。縁起物として古来から重宝されてきたあわびなので、正月前に欲しい人は当然いる。そこはわかるのだが、さて、正月明けにもなぜ並ぶのかがいまいちわかりにくい。

理由を尋ねると、先の魚屋店主から納得の答えがありました。

「卸のアワビ屋さんが正月用に仕入れたものをさばききれず、残っちゃうからさ。それで、年明けに出てくるの」

なるほど、なるほど、わかりやすい。需要と供給の理由からなのですね。

次のページ
味つけは、日本酒と昆布のみ。蒸しあわびを...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...