MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(12) 晩秋の長崎本線・強烈! ムツゴロウ&ワラスボ編 P.S.ちゃんぽん/2017年

撮り鉄の「食」の思い出(12) 晩秋の長崎本線・強烈! ムツゴロウ&ワラスボ編 P.S.ちゃんぽん/2017年

11月中旬、青い有明海とミカンの風景を求めて訪れた長崎本線。有明海といえば、干満の差が大きく、広大な干潟が現れることで有名です。前回の竹崎カニとカキに続いて、今回は干潟の珍味に挑戦してみました。

晩秋の長崎本線・強烈! ムツゴロウ&ワラスボ編 P.S.ちゃんぽん/2017年


有明海といえば、干満の差が大きく、広大な干潟が現れることで有名です。

前回の竹崎カニとカキに続いて、今回は干潟の珍味に挑戦してみました。


11月中旬、青い有明海とミカンの風景を求めて訪れた長崎本線、朝には満潮の時間に日が昇りました。

熊本県側の陸地から上がる朝日が穏やかな有明海に輝いて美しい風景です。


そして、今日も鉄道風景を求めて走り回ります……。

[道の駅「多良」から見た朝日]

[ミカン畑の近くから鉄道と海の風景を撮影]

相変わらずカッコいい、
「白いかもめ」。



立ち寄った道の駅「多良」では、ミカン、カニ、カキなどを購入して車内料理(前回参照)しました。

カニコーナーの隣には、ムツゴウロウの素焼きや煮物が並んでいます。
素焼きは料理の必要があるので、今回は甘辛煮を購入です。

見た目は頭からいけそうなので、かぶりついてみたのですが、サイズが大きかったせいか、骨と頭は固くてムリ。

身をほぐして食べました。

白身で意外にも上品で淡白な味、炭火焼の香ばしさとしょうゆの味が良く合います。

珍味というより、普通においしいおかずです。(見た目はさておき……)

ムツゴロウの甘辛煮。
下にも隠れていて、
9匹で550円とリーズナブル。

汁は煮こごりになっていて、
上品な味。

シュールな名品「ポリポリシリーズ」にチャレンジ!

[ポリポリわらすぼ&ポリポリむつごろう]


道の駅「多良」のお土産コーナーを見ると出てきたのが、
有明の味「ポリポリわらすぼ」と「ポリポリむつごろう」……。

けっこうシュールです。

パッケージのウラを見てみると、
 ワラスボには「有明海のエイリアンを空けてそのまま丸かじり」
 ムツゴロウには「有明海のマスコットを空けてそのまま丸かじり」とあります。

扱いの差が激しいです。 


でも、両方を購入。



まずは、ムツゴロウから開けてみます。

「ポリポリむつごろう」の
パッケージを開けてみた!

う~~ん、もう見るからに珍味……。

意を決してかじりつくと、さくっとして、しょうゆベースの味付けが良い!!

これは、お酒が進みそうなお味です。


つづいてワラスボです。


こちら
「ポロポリわらすぼ」は、
豪華2匹入り!

おわっ!!

いきなりカメラのマクロ機能でアップで見てしまいました。

さすがにエイリアンの名は伊達じゃない。


さくさくのムツゴロウに比べて、こちらは少々固め。

この頭が、いちばんさくさくです。


身のほうは少したたいてやわらかくして食べてみました。

味は、むしろワラスボのほうが濃くておいしいかも。


しかし、とにかくインパクトのある珍味です。


長崎といえば、やっぱり「ちゃんぽん」でキマリ!


インパクトの強い料理だったので、少し口直し。

お昼ごはんは撮影の合い間を縫って、ちゃんぽんです。

軽めに、肉と海鮮抜きの野菜ちゃんぽんにしました。

九州の方は当たり前だと思いますが、スーパーにたくさんの種類のちゃんぽんスープが並び、麺も安ければ18円とか20円とか売っています。


いかに、普段から食べられているのかがわかります。

地元スーパーには
ちゃんぽん関連のものが
たくさん並んでいる。


特にうれしいのが、ちゃんぽんの具がパックされて売っていることです。

たいてい、竹輪と。赤と緑の蒲鉾が刻んで入っています。

スープ、麺、具にキャベツともやしを入れれば、あっと言う間にちゃんぽんの完成です。

あとは、
軽く煮込むだけ……!

[お昼のちゃんぽん 車内料理ver.]

列車で行けない「道の駅」も、楽しい場所です!


さて、終日天気にも恵まれて、夕方に撮影完了です。

道の駅「多良」の隣にある道の駅「鹿島」に寄ってみました。
 
こちらも有明海に面した道の駅で、毎年初夏には「ガタリンピック」という干潟のイベントを行なうことでも知られた干潟遊びの基地的な道の駅です。


まずは、道の駅内にある小さな水族館に寄ってみました。

シオマネキ、クラゲ、トビハゼなどなど、なかなかかわいい干潟の生き物が並んでいます。

そして、いました。

ワラスボ……さすがに、生きているのもスゴい!

道の駅「鹿島」も
有明海沿いにある。

道の駅「鹿島」の
水族館にいたシオマネキ。

水族館のワラスボ。
生きているのも
けっこうスゴい!


朝は満潮だった有明海も、このころには見事な干潟になっていました。

水族館の展望台から見ると、どこまでも続いて見えます。

望遠鏡で見てみると、干潟の上をぴちぴち跳ねる魚が見えます。

ムツゴロウです。


海岸線に移動して、望遠レンズで狙ってみました。

泥の上をのそのそ進み、ほかのムツゴロウに出会うと、背びれを立てて跳ねて威嚇……。


かわいいです。

この日の夕方、
道の駅の近くには
干潟が広がっていた。

海岸から望遠レンズで見た
ムツゴロウ。

のんびり歩いて……。

敵を見つけると威嚇。
さすが有明海のマスコット!


水族館の方の話では、ムツゴロウは寒くなると泥の下にもぐって冬眠するのだそう。

翌日から下り坂の天気のため、今年見られるのは最後かもしれないとのこと。


また、来年暖かくなったら、会いに来たいムツゴロウでした。




佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。



 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
近年、富山観光がクローズアップされたのは、なんといっても2015年の北陸新幹線金沢延伸のとき。東京駅から富山駅までは、最速2時間8分。  ということで今回は、東京から身近になった富山県の昆布締めのお話です。 「富山の人は、魚でも野菜でも、なんでも昆布締めにするから」というお話しをもとに、いろいろ調べてみました……。
初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。 地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道。 沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります……。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
土讃線は香川県の多度津駅から徳島県西部を経由して高知県の窪川駅を結ぶ路線。 このなかでも難所になっているのが徳島県の吉野川に沿う山間部で、特に険しく景勝地として知られているのが大歩危・小歩危(おおぼけ、こぼけ)です。 この区間では1997年から2017年までの20年間、風景を楽しむトロッコ列車が走っていました……。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
303views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt