MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
プリッと弾ける!エビ料理 おすすめ三ツ星店【洋食編】(海鮮料理/東京)

プリッと弾ける!エビ料理 おすすめ三ツ星店【洋食編】(海鮮料理/東京)

カニ以上に多種多様な品種があるエビは、イタリアン、フレンチなど、どんな料理にも合います。なかでも特に唸ったメニューをご紹介。バリエの豊富さに驚きますよ。東京都内のおすすめ洋食エビ料理をご紹介!

perm_media 《画像ギャラリー》プリッと弾ける!エビ料理 おすすめ三ツ星店【洋食編】(海鮮料理/東京)の画像をチェック! navigate_next

リ スカンピ(最寄駅:飯田橋駅)

国内産『生』スカンピのグリル
2100円

神奈川で獲れる最高級品をシンプルなグリルに。エビの甘みをダイレクトに味わえる。抜群の甘みと旨みがあり、加熱後のホクホクした食感も秀逸だ。

金子シェフいわく、食べることが好きなお客様を大歓迎。ひとりで一杯一品でもOK、ハーフサイズにも対応してくれるので、気軽に訪れて楽しんでほしい。

東京都新宿区神楽坂2-20-1
[TEL]03-3267-6558 
[営業時間]18時~翌2時、日15時~24時 
[休日]月、祝(月が祝日の場合は営業、翌火休) 
[席]カウンター7席、テーブル2席×1卓、4席×2卓 計17席/禁煙席あり/カード可(1万円以上~、VISA、MASTERのみ)/予約可/席料1人200円別 
[交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

シュリンプ・バンク(最寄駅:池袋駅)

丸ごと活オマール海老のお刺身
2580円

こちらで必ず注文したいのが「丸ごと活オマール海老のお刺身」。身は刺身、ハサミはボイル、頭は味噌汁にと隅々まで余さず味わえる。アルコールはワイン中心で、リピーターをいつも楽しませたいとラインナップを月毎に変えている。

ボイルしたハサミはタルタルソースをつけていただく。味噌汁にはエビミソの旨みが溶け出している

水槽から取り出した生きたオマールエビを、目の前で一気にさばく。臭みが一切なく、オマールエビの甘みとプリッとした食感を堪能できる

東京都豊島区池袋4-26-11 
[TEL]03-6912-9331 
[営業時間]18時~翌2時(翌1時LO)、金・土・祝前日18時~翌5時(翌4時LO) 
[休日]月 
[席]カウンター10席、テーブル2席×2卓、4席×4卓 計30席/禁煙席なし
[その他]カード可/予約可/サなし 
[交通アクセス]JRほか池袋駅20a出口から徒歩9分

OZAWA(最寄駅:白金台駅)

お昼のコース
3780円(写真は一例)

ひとくちオードヴル、今日のスープ、オードヴル、お魚料理、デザートなど全7品のコース。内容は時季によって変わる。オードヴルとお魚料理は各3品から1種ずつ選べるプリフィクススタイルで、この日のオードヴルは「かぶのブランマンジェと蟹のサラダ」

オマール海老の茶わん蒸し

お昼のコースのお魚料理のオマール海老の茶わん蒸し
プリフィクスコースのなかの一品として昼夜いつでも注文できる。

1989年創業の創作フレンチ店で、創業以来のスペシャリテは「オマール海老の茶わん蒸し」。オマールエビのミソとシャンピニオンをベースにした茶わん蒸しに、オマールエビとトマト、香草などからとったソースを合わせており、ひとさじ毎に凝縮されたエビの風味が鮮烈に漂う。シェフの技巧が光る一品を、優雅な雰囲気とともにゆっくりと楽しみたい。

東京都港区白金台4-9-23 ツツイビルB1 
[TEL]03-3442-1171 
[営業時間]12時~15時(14時LO)、18時~23時(21時半LO) ※ランチタイム有 
[休日]月、第2火 
[席]カウンター4席、テーブル2席×2卓、4席×6卓、個室6席×1室 計38席/全席禁煙/カード可/予約可/サ10%別 
[交通アクセス]地下鉄南北線白金台駅1番出口から徒歩3分

菩提樹|ボダイジュ(最寄駅:水道橋駅)

天然特大海老フライ定食 (1本)
2500円

揚げたてのフライに自家製タルタルソースが付く

店オリジナルの生パン粉をつけたエビを、コーンとごま油をブレンドした油でじっくりと揚げており、エビのプリプリした食感と、衣のサクサクした食感を両立させている。マヨネーズから自家製で作ったタルタルソースをたっぷりつけて、豪快にかぶりつきたい。

東京都文京区本郷1-14-3 東野ビルB1 
[TEL]03-3818-1020 
[営業時間]11時半~15時半(14時半LO)、17時~22時半(21時半LO)、土11時半~22時半(21時半LO)、日・祝11時半~22時(21時LO) ※ランチタイム有 
[休日]12月31日~1月2日 
[席]テーブル2席×3卓、4席×10卓、8席×1卓、座敷12席×4卓 計102席/ランチタイムは全席禁煙/カード可/予約可/サなし 
[交通アクセス]JR水道橋駅東口から徒歩2分

三ツ星エビ料理【和食編】はコチラ!

三ツ星カニ料理【和食編】はコチラ!

三ツ星カニ料理【洋食編】はコチラ!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル