MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
4000円超えの、“高級朝食ブッフェ”を体験!|アンダーズ 東京「アンダーズ タヴァン」(朝食ブッフェ/虎ノ門)

4000円超えの、“高級朝食ブッフェ”を体験!|アンダーズ 東京「アンダーズ タヴァン」(朝食ブッフェ/虎ノ門)

虎ノ門ヒルズにあるライフスタイルホテルの「アンダーズ 東京」。朝食ブッフェは、お値段4595円(税・サ込)!

perm_media 《画像ギャラリー》4000円超えの、“高級朝食ブッフェ”を体験!|アンダーズ 東京「アンダーズ タヴァン」(朝食ブッフェ/虎ノ門)の画像をチェック! navigate_next

アンダーズ 東京「アンダーズ タヴァン」(最寄駅:虎ノ門駅)

朝から……でも、この価格ならではの何かがあるに違いない! 温かみのある空間の店内に足を踏み入れ、ブッフェ台に近づいて驚いた。 メロンやマンゴージュースはこの取材中、初めて見た。次のビックリはお皿。有田焼や美濃焼なのだ。料理がさぞ映えるに違いないとブッフェ台を見ると、これまた今回の取材でお初の料理や高級食材が和洋合わせて約38種控えておりました。 数種類のチーズ、フムス(※1)、キッシュやハード系のパンがいくつも、イクラ、クグロフ(※2)。ハムひとつとっても、スッと滑らかに口に入る絶妙な薄さが食べやすく感動モノ! でも、何より違うのは時が経つのを忘れること。料理はもちろんだけど、優雅に安らげる時間にお金を払っているのかもね。※1/ひよこ豆のペースト ※2/ブリオッシュ風のお菓子

朝食ブッフェ

温菜やソーセージ類も充実

「ソフトエッグとほうれん草」の上にはぜいたくにもトリュフが

ハムやスモークサーモンは、見た目からして繊細

チーズは数種揃う

和食は定番の和惣菜だけでなくイクラまで

アンダーズ 東京「アンダーズ タヴァン」

東京都港区虎ノ門1-23-4 51階 [TEL]03-6830-7739 [営業時間]6時半~11時半(最終入店10時半) [休日]なし [席]108席 全面禁煙(喫煙ルームあり)/カード可/予約可/サ15% [交通アクセス]銀座線虎ノ門駅から徒歩約5分

電話番号 03-6830-7739
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
スイーツボックスを持ち帰れば、おうちがアフタヌーンティーを愉しむラウンジに!? 紅茶と一緒にぜひ。
天空散歩に満足したら、日本最高所のホテル、『ホテル千畳敷』のレストランへ。メニューボードの前に立つと思わず迷ってしまう。
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
外の緑が美しく、優雅で品のあるラウンジでは、大きなソファが置かれくつろげる。ここでは、ホテル自慢のアフタヌーンティーセットを予約したい。
渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル