MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ベラルーシの家庭料理 ミンスクの台所|世界一のじゃがいも王国ベラルーシ(ベラルーシ家庭料理/六本木一丁目)

ベラルーシの家庭料理 ミンスクの台所|世界一のじゃがいも王国ベラルーシ(ベラルーシ家庭料理/六本木一丁目)

世界で一番じゃがいもを食べる国、ベラルーシ。国民一人当たりの年間消費量は約180kgともはや主食級で、家族4人ならじゃがいものパンケーキ「ドラニキ」を50枚くらい焼くというからスゴイ。

perm_media 《画像ギャラリー》ベラルーシの家庭料理 ミンスクの台所|世界一のじゃがいも王国ベラルーシ(ベラルーシ家庭料理/六本木一丁目)の画像をチェック! navigate_next

ベラルーシの家庭料理 ミンスクの台所(最寄駅:六本木一丁目駅)

つまりベラルーシの家庭の味を供するこの店にもじゃがいも料理は数多い。「じゃがいもは鮮度がよく、芋そのものの風味が大切」とは店長のヴィクトリアさん。じゃがいも愛にあふれたこの国では、芋の甘さを重視する日本とはじゃがいもに求めるものが少し違うとか。まずは一番人気の「鰊とビーツのサラダ」で、ベラルーシらしいじゃがいも哲学に触れてみては。

鰊とビーツのサラダ
1380円

じゃがいも、ワイン漬けにしん、卵、玉ねぎなどがミルフィーユ状になったベラルーシの定番の前菜

ドラニキ
1350円

すりおろしたじゃがいものお焼き風。仕上げに生のにんにくで風味を付けるのは西スラブ風という。表面はカリッとしていて中はもっちり。サワークリームをつけて

ベラルーシの家庭料理 ミンスクの台所

東京都港区麻布台1-4-2 [TEL]03-3586-6600 [営業時間]17時~22時LO [休日]日 [席]カウンター9席、テーブル29席、計38席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄南北線六本木一丁目駅2番出口から徒歩2分

電話番号 03-3586-6600
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
まるで物語の世界から抜け出たようなかわいらしいチェコ料理店。店主の宇根美晴さんはチェコのアニメ映画や雑貨に魅せられて、チェコ料理店で働き、妹の郁恵さんとこの店を開いた。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
男女の熱気がむんむん満ちる夜のコリドー街。赤レンガの外壁にランプが灯るこの店を訪れると、そこに結界があるかのように、旧き佳き銀座の空気が流れている。
ハンガリーの食卓に欠かせないパプリカ。「日本でいうと味噌のような存在。でもパプリカには味がない。大事なのは色と香りです」と齊藤一正シェフは言う。
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル