SNSで最新情報をチェック

春到来、今年こそはのんびり花見をしたい! そのお供に美味しい弁当があれば最高ですよね。そこで、都内の人気花見スポットがあるエリアで絶品弁当を調査。今回は、代々木公園と中目黒エリア。目にも鮮やかな「スイーツ弁当」もご紹介します。花見弁当によし、桜を愛でたあと自宅で食べるテイクアウトでもよし。状況に応じてご活用ください!

画像ギャラリー

※公園等の花見に関する最新情報は公式HPやSNS等でご覧ください。また、掲載店の営業時間や休日などは政府の要請などで変更になる場合があります。事前にHPや電話などでご確認の上、お出かけください。

奥渋の多国籍料理を楽しむ『代々木公園』

桜の見所・中央広場がある森林公園のA地区と、陸上競技場や野外ステージを有するB地区に分かれる代々木公園。練兵場から昭和39(1964)年の東京オリンピック選手村を経て今に至っています。公園近くの奥渋谷には、多国籍な美味なる弁当が目白押し。オススメは4品!

[住所]東京都渋谷区代々木神園町、神南二丁目
[電話番号]03-3469-6081
[開園時間]常時
[交通]JR山手線原宿駅竹下口、地下鉄千代田線代々木公園駅C02出口、地下鉄副都心線ほか明治神宮前駅C03出口、F15出口下車から徒歩3分

[注意事項]
桜開花時期は公園内の一時占有、駐車場での写真や映像の撮影は禁止。状況により、開園状況・宴席利用の可否等が変更になる可能性があるので、公式HPやTwitterにて最新情報を要確認。

見た目からボリューミー! 素材の味を活かした滋味あふれるイタリアン

『La cucina Italiana Dal Materiale(ラ クチーナ イタリアーナ ダル マテリアーレ)』

『リストランテ ダル ペスカトーレ』など、イタリアの複数の三ツ星レストランで勤務経験をもつシェフが切り盛り。

この日の「日替わりスパゲッティ」は程よい酸味で人気のトマトソース。

野菜の多くは自家畑でシェフ自身が育て、収穫したてのものをオーブン焼きで調理。素材の持ち味を最大限に引き出している。

『La cucina Italiana Dal Materiale(ラ クチーナ イタリアーナ ダル マテリアーレ)』
『La cucina Italiana Dal Materiale(ラ クチーナ イタリアーナ ダル マテリアーレ)』

【オススメ弁当はコレ!】「イタリアン弁当」(1080円)

「イタリアン弁当」(1080円)
「イタリアン弁当」(1080円)

レギュラーメニューは、とろりとした舌触りの「イタリアンオムレツ」、生クリームのコク深い「じゃが芋ムース」、旨みがギュッと詰まった「ポルペッティーノ ミートボール」や「イタリアンソーセージ」、「鶏フリット」。高級ワインの量り売りもある。

[住所]東京都渋谷区富ヶ谷1-2-11 代々木ヘキサビル1階
[電話]03-3460-0655
[営業時間]11時〜22時半、月12時半〜22時半LO
[休日]日
[交通]地下鉄千代田線代々木公園駅1番出口から徒歩3分、代々木公園西門から徒歩5分

“和とスパイスの融合”で五感を刺激する魅惑のカフェカリー

『Vaji Spice(ヴァジ スパイス)』

肉は塩麹でマリネ、使う油は最小限で体にもやさしく、和の要素も盛り込んだ「カリー」を提供。

スパイス料理研究家・カラミちゃん監修による4種の定番に加え、四季を感じられるメニューもラインナップ。

ライスはバスマティライスと酒米の山田錦をブレンドした絶妙なサラサラ加減で、カレーとマッチ。

『Vaji Spice(ヴァジ スパイス)』
『Vaji Spice(ヴァジ スパイス)』

【オススメ弁当はコレ!】「Vajiカリー弁当(カリー2種)」(1300円

「Vajiカリー弁当(カリー2種)」(1300円)
「Vajiカリー弁当(カリー2種)」(1300円)

野菜の旨みも感じるスパイシーなチキンカリー(写真左)、食べ応えのある豚挽き肉と香り豊かな山椒のキーマカリー(写真右)の組み合わせが人気。

アチャールにレンコンなどの季節野菜も取り入れつつ、一つひとつの味にメリハリをつけている。「カリー1種弁当」(1100円)も用意。

[住所]東京都渋谷区代々木5-63-10
[電話]03-6407-0772
[営業時間]11時~20時(19時半LO)※金は〜21時(20時半LO)、土・日・祝10時~21時(20時半LO)
[休日]無休
[交通]地下鉄千代田線代々木公園駅3番出口から徒歩6分、代々木公園参宮橋門から徒歩1分

次のページ
『NEWPORT(ニューポート)』...
1 2 3 4 5

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...