SNSで最新情報をチェック

春到来、今年こそはのんびり花見をしたい! そのお供に美味しい弁当があれば最高ですよね。そこで、都内の人気花見スポットがあるエリアで絶品弁当を調査。今回は、上野恩賜公園エリア。花見弁当によし、桜を愛でたあと自宅で食べるテイクアウトでもよし。状況に応じてご活用ください!

画像ギャラリー

※公園等の花見に関する最新情報は公式HPやSNS等でご覧ください。また、掲載店の営業時間や休日などは政府の要請などで変更になる場合があります。事前にHPや電話などでご確認の上、お出かけください。

老舗の味を堪能『上野恩賜公園』

開園140余年、日本の都市公園を代表する都立公園。江戸時代初期、東叡山寛永寺を創建した天海僧正が境内に山桜を植えたのが花見のはじまり。公園内には約50種類あり、寒桜からソメイヨシノまで約2ヶ月楽しめます。その上野で買うべき弁当は老舗にあり。100年以上続くお店を中心にご紹介します。

[住所]東京都台東区上野公園・池之端3
[電話番号]03-3828-5644
[開園時間]5時〜23時
[交通]JR山手線ほか上野駅公園口から徒歩2分

[注意事項]
お花見時のルールは現在検討中。状況に応じての対応になるため、公園の公式HPやSNSにてご確認を。また、混雑緩和等のため、上野恩賜公園さくら通りでは、カラーコーン等で中央分離帯を設け、右側通行とする通行規制を実施中。

まるで宝箱 職人技が光る美味がギッシリ

『鰻割烹 伊豆榮(いずえい) 本店』

江戸時代中期、徳川吉宗の頃(1700年代前半)に蒲焼屋として現在地で創業した、約300年の歴史を誇るうなぎ店。

うなぎは極力自然の状況に近づけ育てられた、コクのある三河一色産の「三河鰻咲」を使用。醤油とみりんのみで作ったキリッとした味わいのタレで焼き上げる

日本料理専門の料理人がおり、江戸前の粋を楽しめるのも魅力。それらの料理がギュッと詰められたお弁当は、お腹を満たすのはもちろん、多彩な味わいでお酒のお供にも最高だ。

『鰻割烹 伊豆榮 本店』
『鰻割烹 伊豆榮 本店』

【オススメ弁当はコレ!(1)】「弁天」(1500円)

「弁天」(1500円)
「弁天」(1500円)

本店限定メニュー。タレがしみたご飯にのるのは炭の香りがたまらない「焼鳥」。

ぷりぷり食感の「銀鱈西京焼」や「海老進丈」、ダシの風味が豊かな「野菜煮」や江戸前らしい甘辛さの「玉子焼」などさまざまな美味が集められている。

【オススメ弁当はコレ!(2)】「四季弁当」(1500円)

「四季弁当」(1500円)
「四季弁当」(1500円)

うなぎは入ったお得感のある弁当。「海老旨煮」や湯葉で包んだ「進丈東寺揚げ」など、一つひとつ手作りにこだわる。ぷにぷに食感の「麩まんじゅう」には味噌餡がイン。

もちろん「うな重」(松)3240円〜の弁当も提供している。

[住所]東京都台東区上野2-12-22
[電話]03-3831-0954
[営業時間]11時~21時(20時半LO)
[休日]無休
[交通]JR山手線ほか上野駅不忍口から徒歩5分、上野恩賜公園から徒歩2分

次のページ
『洋食 黒船亭』...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...