SNSで最新情報をチェック

1990年代半ばは激動の時代だった。バブル経済が崩壊し、阪神・淡路大震災、オウム真理教による地下鉄サリン事件、自衛隊の海外派遣、Jリーグ開幕に、日本人大リーガーの誕生、そして、パソコンと携帯電話が普及し、OA化が一気に進んでいった。そんな時代を、浅田次郎さんがあくまで庶民の目、ローアングルからの視点で切り取ったエッセイ「勇気凛凛ルリの色」(週刊現代1994年9月24日号~1998年10月17日号掲載)は、28年の時を経てもまったく古びていない。今でもおおいに笑い怒り哀しみ泣くことができる。また、読めば、あの頃と何が変わり、変わっていないのか明確に浮かび上がってくる。 この平成の名エッセイの精髄を、ベストセレクションとしてお送りする連載の第8回は、明日、5月29日に開催される競馬のG1レース「日本ダービー」にちなんで、浅田さんが愛したある競走馬への熱い思いを語った回をお送りします。

画像ギャラリー

1990年代半ばは激動の時代だった。バブル経済が崩壊し、阪神・淡路大震災、オウム真理教による地下鉄サリン事件、自衛隊の海外派遣、Jリーグ開幕に、日本人大リーガーの誕生、そして、パソコンと携帯電話が普及し、OA化が一気に進んでいった。そんな時代を、浅田次郎さんがあくまで庶民の目、ローアングルからの視点で切り取ったエッセイ「勇気凛凛ルリの色」(週刊現代1994年9月24日号~1998年10月17日号掲載)は、28年の時を経てもまったく古びていない。今でもおおいに笑い怒り哀しみ泣くことができる。また、読めば、あの頃と何が変わり、変わっていないのか明確に浮かび上がってくる。

この平成の名エッセイの精髄を、ベストセレクションとしてお送りする連載の第8回は、明日、5月29日に開催される競馬のG1レース「東京優駿(日本ダービー)」にちなんで、浅田さんがある競走馬への熱い思いを語った回をお送りします。

「優駿について」

「意中の人」との運命の出会い

君と初めて出会った日のことを、私は今もはっきりと覚えている。

宿命的な出会いの瞬間というものは、人間同士の間ではふしぎと記憶に刻みつけられているものだが、人と馬との間でも、それは同じであるらしい。

4年前の平成5年1月5日、第1回中山競馬第1レースのパドック。つまり、その年に行われる一番最初のレースだった。

フルゲート16頭の新馬の中で、君はひときわ輝いていた。体はまだ未完成で、高校生のようにころりとしていたが、君はとても美しかった。

私は新年の祝儀のつもりで、君の単勝馬券を少しだけ買い、君は1200メートルのダートを期待に応えて一気に逃げ切った。

父ナグルスキー、母タケノファルコンという血統は必ずしも名血とは言い難い。日本の競馬には芝コースを使うレースと、ダートすなわち砂コースを使うレースがあるが、君の体に流れる血は明らかに地味なダート・ホースのものだった。

それでも君は、ダートの新馬戦と特別戦を勝ったあと、芝の重賞レース、フラワーカップも制して、4歳クラシックに轡(くつわ)を並べた。

桜花賞が5着、オークスが6着。だが、ともに勝ち馬とは1秒以内の着差だったのだから、ダート血統の君にしては善戦といえるだろう。

しかし君は、4歳牝馬クラシックの掉尾を飾る秋のエリザベス女王杯を、後方一気に差し切った。芝の適性と距離の適性を疑われていた君は9番人気の穴馬だった。

京都競馬場の直線で、君が名牝ノースフライトを並ぶ間のなくかわしたとき、私はスタンドから、誰よりも大きな声で叫んでいた。

「ホクトベガだ! ホクトベガが来た!」

馬券は取れなかったのに、どうしてあれほど興奮したのだろう。たぶん君は、そのときの私の心にどうしてもあきらめきれずにいた「意中の人」だったのだ。

「砂の女王」の飛躍

5歳になって、君は札幌で2勝を挙げたが、その後しばらく勝利から見放されていた。だが、それにしても良く走ってくれた。いま君の戦績を調べて、君がデビュー以来ほとんど絶え間なく月に1度のレースを消化していることに愕(おどろ)いた。まるで土日を返上して働き詰めに働くOLのようだ。そしてなお偉いことには、君はいつも男たちと一緒に働いていた。

たしか6歳の秋だったと思うが、君はいよいよ平場のレースに見切りをつけて、障害レースに転向すると宣言した。飛越の練習も初めていたそうだ。

それもあまりうまくいかなかったのかどうか、一転して引退の噂が飛んだ。その間も大レースで善戦を続けていたのだが、オープン馬としてはそれくらいが限界なので、繁殖に上げようということになったらしい。

ところが、そんな話が行き交う中で、中央競馬と公営競馬の交流レースが開催される運びとなった。君とってはまったく久しぶりのダート戦だ。

川崎競馬場の砂の上に立ったとき、君はいったいどんな気持ちがしたのだろう。

一気呵成に逃げ切った、中山のデビュー戦を思い出したのだろうか。父ナグルスキーのダートの血がふつふつとたぎるのを、得体のしれぬ快感として蹄(ひづめ)の裏に感じ取ったのかもしれない。

そして君は、ドロドロの不良馬場で行われたエンブレス杯を、信じ難いスピードで逃げ切った。2着馬との着差18馬身。タイムにして3.6秒。君がゴール板を駆け抜けたとき、2着以下の馬はどこにも見えなかった。

やはり君のたくましい筋肉は、深い砂を掻いて走るダート馬のそれだった。

その後、君はダードの重賞レースを10回走り、10回勝った。空前絶後の大記録だ。

こうして君は、「砂の女王」と呼ばれるようになった。

次のページ
ダート馬世界一決定戦への挑戦...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...