SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・銀座にある中華料理店『喜記』です。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています。

本場香港で広東料理を学んだシェフが腕を振るう

聞けばこの店、ひとりで来店し点心のコースを注文したり、紹興酒を飲みながら前菜をつまんだりするツウな客が多いらしい。酒好きにとっては頼もしい情報だ。

料理長・山﨑浩一さんが心がけているのは「塩や調味料を控えめにして、余計な味付けをしないこと」。だが、どの料理も味わいの輪郭がしっかりとしていて、食べ応えがある。香港で修業を積んだ山﨑さんが熟練の技を使い、素材本来の味を最大限に引き出しているからだ。

鮑とトリュフ和牛の黒胡椒パイ1200円(1個)

鮑とトリュフ和牛の黒胡椒パイ1200円(1個)
パイに包まれた黒胡椒煮の牛肉と、上に乗ったアワビには素材の旨みが凝縮されていて、これ1個でビール
1杯飲めるほど満足感のある味。香港『カーボンブリューズ』の缶ビールも店のオススメのひとつ

たとえばアワビの乗ったパイは、少しずつかじってチョビチョビと酒をすすりたくなるほど、旨みが凝縮。

自分へのご褒美にきれいな中華料理を食べに行きたい。そんな日にピッタリの一軒だ。

『喜記(ヘイゲイ)』

『喜記』の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA7階
[電話]050-3173-1505
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~21時(20時半LO)、土・日・祝は11時半~21時(20時半LO)
[休日]無休(*施設に準ずる) 
[交通]地下鉄銀座線ほか銀座駅A2出口から徒歩2分、JR山手線ほか有楽町駅銀座口から徒歩7分

撮影/西崎進也、取材/吉田彩乃

※2022年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...