SNSで最新情報をチェック

この夏、若き料理人のナンバーワンが決まる! その大会の名は「ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022」。全国461名のエントリーの中から95名が都道府県代表に選出。先日、関東・甲信越エリアの予選ラウンドが行われました。実は、僭越ながら私、編集えびすがその審査員を仰せつかりました。当日の様子を独占ルポ!

画像ギャラリー

料理人がガチンコ勝負! シェフ版「M-1グランプリ」

「CHEF-1グランプリ」は、冒頭でお伝えしたとおり、若手料理人のナンバーワンを決める大会。「M-1グランプリ」のように参加資格があり、年齢40歳未満(1982年8月1日以降生まれ)であること。プロアマ料理のジャンルが問わないため、基本年齢制限のみ!

2021年は「ドラゴンシェフ」という名前で開催されていましたが、さらなる発展を目指し、2022年よりタイトルが「CHEF-1グランプリ」に進化! より、「M-1」の料理人版という印象が強くなったのではないでしょうか(ABCテレビさん制作ですし)。

全国で予選ラウンドが行われ、関東・甲信越エリアは2022年3月12日に実施。1都9県から集まったシェフの中から書類審査を通過したのは、20名の精鋭たち

緊張した面持ちのシェフたち

[東京代表]
・銀座のフランス料理店を渡り歩く:中澤えりさん(フレンチ)
・「ヒトサラベストシェフ100」に最年少で選出:白鳥翔大さん(ジャンルレス)
・ホテルの中国料理店で修業を重ねる:吉田稔さん(中華)
・美容料理人としても活動する実力派:玉水正人さん(フレンチ)
・『ガストロノミー ジョエル・ロブション』のスーシェフ:根本郁弥さん(フレンチ)
・世界を渡る流浪のシェフ:山﨑真人さんジャンルレス)
・『ガストロノミー ジョエル・ロブション』のシェフドパルティ:小島広夢さん(フレンチ)
・『ドラゴンシェフ2021』東京代表に輝く若手有望株:髙木祐輔さん(中華)

[神奈川代表]
・韓国料理の魅力を伝えるフリーランスの料理人:鄭大羽さん(韓国料理)
・『ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション』4代目シェフ:志田竜児さん(フレンチ)

[埼玉代表]
・家業の農作業を手伝う農民兼料理人:細田隆広さん(中華)
・地元・所沢の農家とも密接な地域密着型シェフ:平川聡美さん(イタリアン)

[千葉代表]
・フレンチの星付き店で修業を重ねてきた:林 修史さん(フレンチ)

[茨城代表]
・地元愛あふれる水戸京成ホテルシェフ:山里幸弥さん(中華)

[栃木代表]
・いちご農家を兼業する異色の料理人:吉澤大地さん(ジャンルレス)

[長野代表]
・本場イタリア仕込みの料理が光る:石川 大さん(イタリアン)

[群馬代表]
・『ドラゴンシェフ2021』から2年連続出場:中根浩之さん(フレンチ)

[山梨代表]
・狩猟免許を持つ「ゴ・エ・ミヨ」2トック獲得シェフ:豊島雅也さん(フレンチ)

[新潟代表]
・日本料理の名店で研鑽を重ねた腕利き:佐藤翔さん(和食)
・新潟市若手料理人コンテストグランプリ受賞:川又 真さん(イタリアン)

ご覧の通り、フレンチに中華、和食、韓国料理、フュージョンとジャンルはさまざま。その多彩さは、空手、キックボクシング、相撲、プロレス、柔術といった選手が集まった初期のUFCのようであります。

シェフは5名ずつのブロックに分かれて調理。審査員が実食の上、ポイント制にて合計ポイント上位7名が次のサバイバルラウンドに進出します。

今回、審査に挑むのは私のほか、予選会場「服部栄養専門学校」の理事長・校長である服部幸應さん、『ミシュランガイド東京 2022』で二つ星を獲得したフレンチレストラン『ナベノ-イズム』のエグゼクティブシェフCEO・渡辺雄一郎さん

左から、渡辺雄一郎さん、服部幸應さん、編集部えびすこと戎 誠輝

このおふたりと横並びというのがあまりに恐れ多く、最初は緊張しましたが、おと週編集ならではの庶民的な目線で審査しよう! と気持ちを切り替えればあら不思議。肩の力がスーッと抜けました。

次のページ
決められたテーマに調理時間の制限が激戦を...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...