SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

石川・金沢で毎年7月1日に食べられている季節の和菓子があります。「氷室まんじゅう」です。金沢の和菓子店ではこの時期、店頭に自慢の氷室まんじゅうが並びます。“金沢の奥座敷”と呼ばれる湯涌温泉でも湯涌温泉観光協会が氷室まんじゅうを販売していますが、本来はこの温泉街でしか買えない“限定品”。それが、東京都内のアンテナショップで今回初めて販売されます。

石川県アンテナショップで、6月30日、7月1日に限定販売

湯涌温泉観光協会の氷室まんじゅうが買えるのは、東京・銀座の石川県アンテナショップ「いしかわ百万石物語 江戸本店」です。店頭販売は6月30日と7月1日。湯涌温泉観光協会と、金沢の老舗和菓子店「越山甘清堂」の2種類が、店内に置かれます。もともと事前に予約注文を受け付けており、予約分の引き取りとは別に当日販売があります。2種類とも数量限定です。

越山甘清堂が567円(3色各1個の3個入り、こしあん、消費期限は当日)で、湯涌温泉観光協会が220円(1個、こしあん、消費期限は翌日まで)。

氷室まんじゅうは、皮が白と桃色と緑の3色が基本です。湯涌温泉観光協会のものは独特で、1個のまんじゅうにこの3色が入っています。湯涌温泉観光協会によると、「けっこうなボリュームがあるので、3色全部食べるのは大変。1個食べれば、3色を味わえる」というアイデアの逸品です。

湯涌温泉観光協会の氷室まんじゅう(「いしかわ百万石物語 江戸本店」提供)
越山甘清堂(「いしかわ百万石物語 江戸本店」提供)

湯涌温泉観光協会の氷室まんじゅうは、金沢の和菓子店で作ってもらったものを、基本的には湯涌温泉の街だけで販売してきました。都内の一部店舗にも卸しているとのことですが、石川県アンテナショップでの販売は初めてです。

次のページ
無病息災を祈って...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...