SNSで最新情報をチェック

オープン後、わずか5か月でミシュラン一つ星を獲得した伊藤良明氏がオーナーシェフをつとめるパリのレストラン『ラルケスト』。こちらで食後に提供されている、パリでしか食べられない『極上生トリュフショコラ』がケーキ・スイーツ専門通販サイト「Cake.jp」で買えることに! 噂では、口溶けが奇跡のようだとか。その理由とは? 実食リポート!

画像ギャラリー

冷蔵庫から取り出して、1分以内にひと口で食べるべし!

最近は賞味期限5時間の『あいと電氣餅店』や、賞味期限1時間のモンブランと「賞味期限が短い」が流行である。そして今回ご紹介するショコラは、冷蔵庫から出してなんと1分! 賞味期限が1分以内なのだ。どーゆーこと!?

保冷バッグと保冷剤に保護され、冷蔵で届いた「パリの一つ星レストラン『L’Archeste(ラルケスト)』伊藤シェフ監修・極上生トリュフショコラ」。お値段、6粒でなんと3500円! 

慎重に受け取り、保冷バッグから取り出すと、まず「冷蔵庫で2時間ほどしっかり冷やす」と注意書きが目についた。宅配便のトラックから部屋までの間に多少の時間は要するから確かに、である。しっかりと冷やす。

6個入り。プラスチックでしっかりホールドされていた
6個入り。プラスチックでしっかりホールドされていた

おっと、ノンキに撮影をしていられない。なにせ、冷蔵庫から取り出したら1分以内に食べないといけないのだ。時間厳守!

冷蔵庫から出したら1分以内を厳守した後の図
冷蔵庫から出したら1分以内を厳守した後の図

ひとつ口に入れて軽く歯をあてただけで、コーディングチョコがプチっと弾け、トロ~~。こ・れ・は……!!!! はじめての食感と感覚に感動。びっくりした。コーディングチョコが信じられないほど薄い。楊枝で刺すとゴムが弾ける玉羊羹に似たプチンが、口の中で起こったのだ。

口いっぱいに広がったガナッシュクリームは、あっという間にほぼ液体に。そして、瞬く間に口の中いっぱいに広がり、まるでショコラドリンクを飲んでいるかのよう。しかも、濃厚超ながら、のど越しは不思議なほどアッサリ。

洋酒っぽい風味が気になるが、材料を確認したところ使われていない。記載は紅茶パウダー。聞けば、微量のアッサムティを使用しているとか。このおかげで、のど越しが絶妙に爽やかなのだ。

素材は厳選されたフランス産・クーベルチュールチョコレートと、口溶けのまろやかさが特徴のフランス産・バターを用いている。カカオニブを牛乳・クリームを低温でゆっくりと時間をかけて味と香りを抽出しているからこそ叶う、ショコラの上質な余韻もたまらない。

冷たいままでもクリーミー、ふんわり口の中でとろけさせるためのこだわりがギュッと詰まったひと粒なのだ。

ガナッシュクリームはとても滑らか。コーディングチョコの薄さは確認できるだろうか?
ガナッシュクリームはとても滑らか。コーディングチョコの薄さは確認できるだろうか?

次のページ
届いた瞬間、ラグジュアリー。外箱の美しさ...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...