SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

駅前の再開発、タワーマンション建設、大学のキャンパス移転が続き進化する東京の東側は今、こだわりのスイーツ店やおしゃれカフェが続々オープンする注目エリアだ。

今回紹介する『塩カフェRujie』があるのは、常磐線の金町駅。東京理科大学葛飾キャンパス最寄り駅である。そんな昔ながらの商店街✕モダンさと新旧の個性が共存する街で、味の予想がつかない塩コーヒー&塩入りスイーツをいただく!

ミネラルたっぷりのイスラエル産の塩は、コーヒーに合う?

死海で有名なイスラエル産の塩を使用している
死海で有名なイスラエル産の塩を使用している

金町駅・北口の商店街の一角に位置する『塩カフェRujie金町店』。店の外観より先に草木とおしゃれなプランターが目に入った。金町に? 筆者は近隣区育ちのため、金町の昔ながらの商店街の印象が未だ強く、軽い衝撃を受けた。

店舗の周りに置かれた草木がひときわ目を引く
店舗の周りに置かれた草木がひときわ目を引く

外観撮影中、地元民の方が何人もカメラを気にして立ち止まってくれた。観光地化されていない下町にどこかホッとした。が、店内に入って、ビックリ! まるで表参道にあるような、緑あふれる癒やしの空間だったのだ。

植物が配置された店内。一部商品は販売している
植物が配置された店内。一部商品は販売している

そんなリラックス効果が期待される空間に入るも、筆者のハートは少しドキドキであった。本日一番の目的は「塩コーヒー」(450円/テレビで紹介された記念で550円より100円割引中)。これまで飲んだことがない塩コーヒーは、美味しいのか? それとも……? 前置きはこのくらいにして味わってみよう!

塩の容器付属の木さじ1杯から徐々に増やす方が安全
塩の容器付属の木さじ1杯から徐々に増やす方が安全

コーヒーはコロンビア・エチオピア産のモカブレンド。何も加えずに飲むとかなり濃い塩に負けないために濃くしているそうだが、苦味と酸味のバランスが良い。このまま飲みたい気持ちを抑えて、イスラエル産の塩を木さじ1杯。

劇的な味の変化はない。もちろん加える前の味とは異なるが、それが塩気か問われると「かも?」くらいだ。試しに塩をそのまま舐めると、イスラエル産の塩はかなり塩辛い。ミネラル成分が多いため、味が強いのも特徴だ。

勇気を出して、木さじ2杯目を加える。おぉ‼ 味が変わった。塩辛さはなく味に深みが出た印象だが、なんだこの味は? にがり? にがりダイエットが流行った当時、飲み物ににがりを入れて飲んだ時と味が似ている。少し冷めてから飲んだところ、少し塩味が強くなった。

コーヒーの温度により味が変わるのは面白いが、美味しいかどうかでいえば「飲む人を選ぶ味」である。エチオピア発祥で、台湾で流行ったこともある塩コーヒーだが、どちらも暑い国。日本の春には不向きなのかもしれない……

しかし、体が塩分を欲する夏ならば、味の感じ方も異なるのか? となると、次に飲んだ“塩ドリンク”の方が、蒸し暑い日本の夏にピッタリな気がする!

次のページ
塩が活きる! 夏にごくごく飲みたい絶品レ...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...