SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

京都の夏は暑い。日中35度を超える日も珍しくない。そんな京都で「避暑」が出来て、「開運」を呼び込み、そして河床でのフルコースの「美食」を堪能できるスポットがある。

京都の奥座敷・貴船へ

今回出かけた貴船神社が、その地である。京都駅から北へ約18km、山々に囲まれた京都の奥座敷といわれる場所。京都駅から電車やパスなどの公共交通機関を使うと40分ほどで、貴船神社に到着する。

貴船神社

私は叡山電車を利用して貴船口駅で下車した。ちなみに、貴船は「きぶね」と読むが、貴船神社のみは水の神様を祭る神社で、濁ることが好ましくないため「きふね」と発音するのだという。駅から出てすぐに、貴船川の清流が目に飛び込んでくる。この貴船川は鴨川の源流にあたる。澄んだ穏やかな流れ。水中の苔や川藻も透けて見えるほど透明度は高い。川を渡るひんやりとした風が来た人を迎えてくれる。「あっ、涼しい」と、思わず声が出る。

貴船川の清流

坂を少し登ると、そこに貴船神社。NHKの人気番組「ブラタモリ」で、「京都・鴨川~川をたどれば京都がわかる!?~」というテーマで水の神様を祀る神社として紹介された。(2022年6月18日放送)。

風鈴がチリンと鳴った…風と涼の別世界

鳥居をくぐると、真っ先に七夕飾りが目に飛び込んでくる。その奥に本宮が位置する。本宮横の休憩処・龍船閣には風鈴と友禅柄の風車が飾られている。風鈴がチリンと鳴って風車がクルクルと回ると、まさにそこは風と涼の別世界だ。夏の風情を感じる。ここは鞍馬山(標高570m)と貴船山(標高700m)の間に位置して、横に貴船川が流れていることもあり、京都市内より2~3度ほど気温が低く感じる。

七夕飾り
風鈴のやさしい音が涼感を呼ぶ

貴船神社は、三つの社からなる。貴船口駅から近い順に、本宮、結社、奥宮である。

本宮は高龗(たかおかみ)という水神を祀り、ここから湧き出る水には神聖な力があるとされる。水占いおみくじは、若い女性たちを中心に人気がある。

結社は、磐長姫命(いわながひめ)を祭り、縁結びの神である。平安時代の歌人・和泉式部が、心が離れた夫との復縁を祈願して叶ったと伝えられている。

奥宮は高龗神(一説には、闇龗)が祀られており、航海の安全を守る神として知られる。

次のページ
創業90年の老舗料理旅館でいただく「川床...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...