SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、水戸市にあるうなぎ店『うなぎ 川桝』です。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています

その旨み、柔らかささらにはご飯に隠されたうなぎまで驚きに満ちている

数多のうなぎ屋を取材してきた小誌編集者も同店のうなぎには驚いた。なんと言っても柔らかい。香ばしくもふっくらとろとろの身が口の中でとろける。こんなうなぎがあるなんて。キリッとしたタレもいい。山椒をかけるのも忘れ、気付けば完食していた。

同店の3代目曰く「裂き、焼き、蒸しが全て揃うことで美味しくなる」とのこと。自店だけでなく東京や九州のうなぎ屋で経験を積んだ結果、出した答えだ。100年を超える老舗の技に磨きがかけられたことで完成したうなぎは、箸を入れると淡雪のように身がほどける。

鰻重 4400円〜(写真は上5500円)

『うなぎ 川桝』鰻重 4400円〜(写真は上5500円) タレがかかったご飯に箸を入れると驚く。なんとご飯の間にも蒲焼が!熱々のご飯に挟まれてさらに柔らかくなったうなぎは至高の味。お米は茨城産コシヒカリと新潟産コシヒカリのどちらかの美味しい方を選び提供している

儚いまでの柔らかさを実現させる焼き方には相当な技術が必要だろう。焼くのは難しいんじゃありませんかと尋ねると、「プロだからね」との答え。これぞ、職人だ。

『うなぎ 川桝』

[住所]茨城県水戸市宮町1-3-23
[電話]029-224-2154
[営業時間]11時~20時半LO
[休日]不定休(主に日曜日・祝日)
[交通]JR常磐線ほか水戸駅北口から徒歩5分

撮影/小澤晶子、取材/藤沢緑彩

※2022年8月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...