SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

マツコ・デラックスさんがMCを務める人気番組『マツコの知らない世界』(TBS系、火曜午後8時57分~)は、いろんなジャンルのゲストを招き、軽妙なやり取りとともに、ゲストの得意分野を深く掘り下げて紹介する内容が魅力です。

今夜8月23日の放送は「自動販売機の世界」。『おとなの週末Web』でも、これまでに数々の「自動販売機」を取り上げています。ダイジェスト記事で、オススメ情報を振り返ります。

自動販売機ブームはここから始まった! 製麺所発の冷凍ラーメン自販機

今でこそ至るところで見かけるようになった冷凍食品の自動販売機。その先駆けとなったのは、2021年3月23日、大田区上池台の住宅街に設置された1台の自動販売機だろう。

その名は「ヌードルツアーズ」。これは、全国の有名ラーメン店の味が楽しめる冷凍ラーメンの自動販売機。設置場所からすぐの位置に工場兼オフィスを構える「丸山製麺」がはじめたものだ。

スープは各店で仕込んだものを冷凍。お店そのままの味が楽しめるのが大きな魅力。スープには多少の具材が入っていて、ラーメンによってはチャーシュー・メンマが別袋になっているものもある。そして、麺の量はお店と同じ!

作り方は簡単。スープも麺も湯煎でOK。家でお店のクオリティが楽しめるというのは衝撃だった。

二郎系に、煮干し、担担麺など、それぞれが好みの味を選べるからフードコートのような楽しさもあり、飲食店になかなか行けないコロナ禍において、大きな反響があったという。ここから冷凍自販機ムーブメントが加速していく。

・自動販売機で買える冷凍ラーメンが想像以上に美味しかった【気になる自販機1】
https://otonano-shumatsu.com/articles/235179

ピッツァ、鍋にサムゲタン、冷凍自販機の進化が止まらない!

「ヌードルツアーズ」の紹介以降、『おとなの週末』では本誌・ Webで自動販売機に注目。その中で目を引いたのが鍋の自販機

東京・富士見台駅にある『鍋スル』は、3台の自動販売機を並列。調査当時、北は北海道「尾谷のらむじん」(尾谷商店・1人前1000円)から南は宮崎「夢創鶏のトマト鍋」(夢創鶏・2~3人前2400円)まで、14種類もの個性豊かな鍋が各自動販売機で販売されていた。

このときスタッフが購入したのは、「地鶏シャモ鍋」(川俣町農業振興公社・2人前2300円)。澄み切った美しいスープの中に入った具材は、ムネ肉が柔らかく、モモ肉はぷりぷり。手羽はしっかりした食感があり、旨みの塊のような団子まであって大満足。

できれば前夜に冷蔵庫での解凍を推奨なのと、野菜などの一部は自分で用意しないといけないのが注意点。ちょっと面倒と思う方もいるかもしれないが、これだけの味が楽しめるなら、そんなことは手間とも思わないというのが結論だった。

ほかにも、田町では人気鳥料理店の姉妹店『鳥一代はなれ』の「サムゲタン」の自動販売機を、千葉・船橋のイタリアン『コンパーレ コマーレ』の店頭ではピッツァの自動販売機を発見。ジャンルを超えて展開される冷凍自販機に、無限の可能性を見た。

・ピッツァ、鍋、サムゲタン、時短営業も関係なし! 絶品グルメ自販機【気になる自販機5】
https://otonano-shumatsu.com/articles/259587

次のページ
ついに冷凍自販機だけのショップが登場! ...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...