MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

「三ツ星カニ料理 洋食編」特集掲載店、飯田橋の「マリスケリア エル プルポ」は旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。[交]飯田橋駅西口から徒歩6分。

perm_media 《画像ギャラリー》マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)の画像をチェック! navigate_next

マリスケリア エル プルポ(最寄駅:飯田橋駅)

 旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。今の時季に味わいたいのは、築地で仕入れる活き渡りガニを使ったパエリア。渡りガニ一匹と米を魚介のダシスープで炊き上げており、米ひと粒ひと粒に絡みつくカニの旨みがたまらない。身肉が太り、濃厚なミソを抱えた渡りガニが手に入る、年明け頃までの限定メニュー。ほかに、ズワイガニや毛ガニなどを使った温菜系のタパスも魅力的。ワインと合わせて堪能したい。

渡り蟹のパエジャ
3100円

渡りガニから溢れ出る旨みとミソのコク、魚介の骨からとったダシが渾然一体となって絶品

ズワイガニのチャングロ
1個350円~

手前は不定期メニューで、バスク地方の料理。魚介ダシにブランデーとシェリー酒を加え、カニのほぐし身とキノコ、玉ねぎを煮込んでタルトにのせたオーブン焼き。奥は濃厚なカニミソとベシャメルソースが格別

ズワイガニの グラタントースト
850円

殻つきウニのプリン(2個)
1200円

ウニと炒めた玉ねぎをムース状にした、同店の名物メニュー。滑らかな舌触りは感動モノだ

マリスケリア エル プルポ

■『マリスケリア エル プルポ』
[住所]東京都新宿区神楽坂4-3 宮崎ビル1階
[TEL]03-3269-6088
[営業時間]18時~23時半、金曜日:17時~翌1時、土曜日・日曜日・祝日:17時~23時
[休日]不定休
[座席]カウンター11席、テーブル2席×4卓、3席×1卓、テラス4席×1卓 計26席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代250円
[アクセス]JR中央線飯田橋駅西口から徒歩6分

電話番号 03-3269-6088
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場にはほぼ出回らない、価値ある肉がある。それは山口県阿武郡だけで飼育されている「無角牛」。
スペイン料理の代名詞といえば、やっぱりパエリア。こちらは何と、国際パエリアコンテストで優勝したパコ・ロドリゲス氏の専門店。
昨年オープンした丸ビルの新鋭は既存のスペインバルとは一線を画す。テーマは日本の中心地・東京ならではの洗練されたモダンスパニッシュだ。
カジュアルな雰囲気のスペインバル。看板商品のパエリアは全5種類。
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。スペイン&メキシコ料理の店。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル