MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

「三ツ星カニ料理 洋食編」特集掲載店、飯田橋の「マリスケリア エル プルポ」は旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。[交]飯田橋駅西口から徒歩6分。

perm_media 《画像ギャラリー》マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)の画像をチェック! navigate_next

マリスケリア エル プルポ(最寄駅:飯田橋駅)

 旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。今の時季に味わいたいのは、築地で仕入れる活き渡りガニを使ったパエリア。渡りガニ一匹と米を魚介のダシスープで炊き上げており、米ひと粒ひと粒に絡みつくカニの旨みがたまらない。身肉が太り、濃厚なミソを抱えた渡りガニが手に入る、年明け頃までの限定メニュー。ほかに、ズワイガニや毛ガニなどを使った温菜系のタパスも魅力的。ワインと合わせて堪能したい。

渡り蟹のパエジャ
3100円

渡りガニから溢れ出る旨みとミソのコク、魚介の骨からとったダシが渾然一体となって絶品

ズワイガニのチャングロ
1個350円~

手前は不定期メニューで、バスク地方の料理。魚介ダシにブランデーとシェリー酒を加え、カニのほぐし身とキノコ、玉ねぎを煮込んでタルトにのせたオーブン焼き。奥は濃厚なカニミソとベシャメルソースが格別

ズワイガニの グラタントースト
850円

殻つきウニのプリン(2個)
1200円

ウニと炒めた玉ねぎをムース状にした、同店の名物メニュー。滑らかな舌触りは感動モノだ

マリスケリア エル プルポ

■『マリスケリア エル プルポ』
[住所]東京都新宿区神楽坂4-3 宮崎ビル1階
[TEL]03-3269-6088
[営業時間]18時~23時半、金曜日:17時~翌1時、土曜日・日曜日・祝日:17時~23時
[休日]不定休
[座席]カウンター11席、テーブル2席×4卓、3席×1卓、テラス4席×1卓 計26席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代250円
[アクセス]JR中央線飯田橋駅西口から徒歩6分

電話番号 03-3269-6088
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場にはほぼ出回らない、価値ある肉がある。それは山口県阿武郡だけで飼育されている「無角牛」。
スペイン料理の代名詞といえば、やっぱりパエリア。こちらは何と、国際パエリアコンテストで優勝したパコ・ロドリゲス氏の専門店。
昨年オープンした丸ビルの新鋭は既存のスペインバルとは一線を画す。テーマは日本の中心地・東京ならではの洗練されたモダンスパニッシュだ。
カジュアルな雰囲気のスペインバル。看板商品のパエリアは全5種類。
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。スペイン&メキシコ料理の店。
最新記事
チャーハンを頬張る学生の横で餃子とビールを楽しむサラリーマン。大井町で長年愛される中華料理店の変わらぬ日常。
日本勢の金メダルラッシュに沸く東京五輪もいよいよ終盤を迎えます。アスリートの活躍を支える選手村食堂は、各国の選手がSNSに「食事がおいしい」とたびたびアップするなど好評です。前回1964年東京五輪の選手村食堂で料理長を務めたのは村上信夫氏と入江茂忠氏。この伝説の料理人2人がそれぞれ総料理長だった帝国ホテルとホテルニューグランドでは、世界のアスリートを魅了した当時のメニューが復刻され、話題を集めています。
オープンキッチンの小粋なフレンチバール。サラダやマリネのタパスから、パテやテリーヌの前菜、コンフィやローストのメインまで、正統派フレンチが楽しめる。
みなさん、トマトはお好きですか? 西洋では「トマトが赤くなれば医者が青くなる」なんてことわざがあるくらい、味も栄養価も魅力的なお野菜。今の時期、特に美味しいトマトについて、農家さん&イタリアンのシェフと語り合いました!
昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。
get_app
ダウンロードする
キャンセル