SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

明治〜昭和にかけて活躍した文豪が愛したお店をご紹介します。日本人に長く親しまれてきたうなぎだからこそ発見できた美味をぜひ。今回は、東京・渋谷の『花菱』です。

志賀直哉、遠藤周作も芳醇な香りに魅せられた

かの文豪もその昔、この艶姿に垂涎のまなざしを注いだのだろうか。燦然と輝く均一の焼き色、芳醇な香りの甘い誘惑。『花菱』のうなぎである。

とりわけ店を贔屓にした斎藤茂吉は歌にまで詠んでいる。よく注文したのは小さめのサイズだったそうで、「うなぎを食べたら原稿が進むという内容を日記にも書いていらっしゃったとか。

斎藤茂吉直筆の書も展示。茂吉は無類のうなぎ好きで、1日2回食べる日もあったとか

今もお孫さんが来てくださいま」とは3代目。ふらりと訪れた遠藤周作や、出前を利用した志賀直哉も愛したその味は……今も食通を唸らせる。

『花菱』の「うな重・竹」(160g・お新香付)4300円。焦げ目がなく美しい焼き色。注文後に生から調理するため40分ほどかかる。共水うなぎは注文後に捌くので1時間ほどだが、予約すれば時間に合わせて用意してくれる

うな重は80g~320gまで素材の目方違いで6種を揃えるほか、静岡の高級ブランド「共水うなぎ」も用意。戦時中は疎開先に持って逃げたほど大切に受け継ぐタレはたまり醤油を使う奥深い味だ。誰にも等しく、そこにあり続ける美味に感謝。食べれば私も原稿はかどるかな。

『花菱』の店内

住所:東京都渋谷区道玄坂2-16-7 花菱ビル1階・地下1階
電話:03-3461-2622、0120-262-203
営業時間:11時半~15時(14時LO)、17時~22時(21時LO)
定休日:日・祝
交通:JR山手線ほか渋谷駅ハチ公口などから徒歩8分

撮影/大西尚明、取材/肥田木奈々 

※2022年8月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...