SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・御徒町の『マルミヤ亭 上野店』です。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています

絶品の豚ホルモン「こんなにペロッと?」

京都のコリアンタウン・東九条で約半世紀愛される豚ホルモンの名店が、2021年12月東京へ初出店。いざ訪れて、「豚ホルモンって、こんなにペロッと平らげられたっけ?」と驚かされる。脂の旨みは濃厚なのに、軽やかな食後感。

店長の菱田さん曰く「鮮度に自信アリ」だそうで、加えて揉みダレの端正な味わいがさっぱりとした後味を生んでいる。そして欠かせないのが、焼酎の存在。すっきりとしたフレーバーをソーダで割れば、爽快さが食欲を刺激する。

皮付きバラ(あばら)780円、クールミントグリーン(ソーダ割り)650円、キクアブラ(小腸の周り)480円、コメカミ(ホホ肉)580円

『マルミヤ亭 上野店』(左奥)皮付きバラ(あばら)780円(右奥)クールミントグリーン(ソーダ割り)650円(左手前)キクアブラ(小腸の周り)480円(右手前)コメカミ(ホホ肉)580円 ミントのような清涼感が漂う鹿児島『国分酒造』の季節限定芋焼酎をホルモンに合わせて

またホルモンと並ぶ名物が、蒸し豚と豚足。このふたつにも肉の力強い滋味と、あっさりとした食後感が共存する。「これにはフルーティな風味の焼酎がおすすめ」と菱田さん。カウンターの目立つ場所に肉と合う焼酎が20種ほど並ぶから、水やソーダで割って、豚のさまざまな部位を楽しみ尽くすのが吉だ。

『マルミヤ亭 上野店』

[住所]東京都台東区上野6-8-4
[電話]080-4116-5038
[営業時間]17時~23時(22時半LO) ※土・祝15時~、日15時~21時(20時半LO)
[休日]月
[交通]JR山手線ほか御徒町駅北口から徒歩4分

撮影/吉澤健太、取材/岡野孝次

※2022年8月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...