×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

プチ旅気分で埼玉うどんを楽しむ

池袋から高崎線快速に乗って約1時間。日本一暑い街(?)で有名な熊谷駅に降り立った。「なんだ、意外と近いし、都会なんですね」と編集・戎。“意外と”ってどういうことよ?

そんな中から出合ったのが『こんこ屋』。埼玉では定番の「武蔵野うどん」なのだが、麺には何とも言えない香ばしさがある。しかもツユも魚介豚骨のつけ麺風や、まぜそば風のメニューもあったりして、武蔵野うどんとしての実力が十分な上に、その進化もひしひしと感じさせてもらった。

『手打ちうどん こんこ屋』熊谷まぜうどん 750円

『手打ちうどん こんこ屋』熊谷まぜうどん 750円 豚骨ベースのタレで旨みもパワフル

この“武蔵野”以外にも、埼玉にはご当地うどんがわんさかあって、その数は細かく分類すると20種類以上とも。多くが街おこし的に開発されたもので、熊谷から東京方面へ少し戻った鴻巣は「川幅うどん」だ。

『めん工房 久良一(くらいち)』川幅みそ煮込みうどん 1000円

『めん工房 久良一(くらいち)』川幅みそ煮込みうどん 1000円 八丁味噌を効かせたツユがこの麺によく合う。具材には鴻巣が雛人形でも有名なことからハマグリも使っている

いちばん最初にこのうどんを始めた店が『久良一(くらいち)』。麺というか“面”のような幅広のうどんは、ピロピロとした口当たりがクセになる。

鴻巣の隣が北本。市が推しているのが「北本トマトカレー」。レトルトも販売されていて、埼玉では割とメジャーなご当地グルメなのだ。『水織(みお)りうどん』では、それをうどんにぶっかけた「トマトカレーうどん」も食べられる。

『水織(みおり)うどん』合いがけ北本トマトカレー 730円

『水織(みおり)うどん』合いがけ北本トマトカレー 730円 元祖と新開発したピリ辛の2種類のトマトカレーを味わえる。ご飯にトマトを炊き込んでいるのも特徴だ

以上3軒はすべて高崎線。打って変わって東武東上線が走る志木市で、昨年誕生したニューカマーが「舟運(しゅううん)いろはうどん」。その取り組みに、市内で人気の武蔵野うどん店『和(かず)』も賛同し、新メニューとして打ち出した。

旦那さんが打つ、太く力強いうどんも見事ながら、女将さんが五味五色を意識して考案したつけ汁も絶品だ。地域振興の部分は置いといても、どの店もうどん自体のクオリティがとにかく高い。すぐに行ける“東のうどん県”埼玉をプチ旅気分で食べ歩いてみては?

撮影/小島昇、取材/菜々山いく子

※2022年12月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
icon-prev 1 2
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…