SNSで最新情報をチェック

クリスマスのBGMをバックに、「良いお年を!」という挨拶が聞こえる12月を司るのは一白水星の気。一白水星には「万初=すべての始まり」というキーワードがあるが、何かを始めるには一旦何かを終わらせなければいけない。2022年の締めくくりでもある12月。有終の美を飾るなら「白身魚」を食して一白水星の気を味方にしよう!

画像ギャラリー
開運メシ
開運メシ

「気」を知り「運」の流れに乗る! 今月の開運めし指南

まず知っておきたい! 2022年12月の全体運

政治も経済も世界情勢もさまざまな動きがあった2022年。
そんな1年を締めくくる12月は「壬子一白水星」。
天地人3つの気すべてが「水」の質を持つため、
世の中がグンと冷え込むことが予想される
苦境や忍耐の中で心が折れそうになる人がいるかもしれない。
だが、人の気を司る一白水星には、
「すべての始まり」を意味する「万初」というキーワードがある
最初はほんの小さな思いの種かもしれない。
でもいずれは、その種から芽が出て大輪の花が咲き実をならす。
冬の寒さをも味方にし春を待って咲く桜のように、
強く、そしてしなやかに。
来年へ向け未来へ向け新たなる思いを立ち上げてみよう!

2022年12月の開運メシ

「白身魚」を食しながら内なる自分を見つめよう!

運気的には冷え込む中でも、未来への希望を持ちたい12月のイチオシ開運メシは一白水星の食材「白身魚」

「1滴の水が大河となる」という喩えのように、一白水星には「小さな思いや行動をコツコツ積み重ねていずれ大業を成す」という気がある。それは個人レベルのことはもちろん、私たち人間(人類)全体が持っているエネルギーでも同じこと。

ひとりひとりの「思い」や「決意」は些細なものであっても、それが重なり合い、繋がり合えば、世の中を動かすほどの大きなパワーになっていく。新型コロナ、戦争、経済不況……決して対岸の火事はない出来事が世界中で起こっている今、ひとりひとりの中にある「1滴の思い」がこれまでよりも大切になることは間違いない

 師走12月、「白身魚」を食しながら自分の内側を静かに見つめてみる。忙しさの中でも少しだけそんな時間をつくってみては!

次のページ
12月に食べるべき、オススメの開運メシを...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...