SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

人気ロックバンド[Alexandros](アレキサンドロス)のベース&コーラスとして活躍する磯部寛之さんは、実は大のお酒好き!そして、『おとなの週末』は愛読誌!そんな磯部さんが”はしご酒”の魅力をお伝えする、本誌人気連載『酔滴のラダー』。12月15日発売号の第5回は、交通の利便性や駅前の商業施設の多さなどから、「住みたい街」としても人気の高い「東京・荻窪」が舞台です。本誌未公開写真とともに、その様子を少しだけお見せします!

第5回の舞台は、「住みたい街」としても人気の荻窪

今回は、磯部さんも気になりつつ、なかなか来る機会がなかったという「荻窪」でのはしご酒。最近はライブにリハに制作に…と忙しかったので、ゆっくりお酒を飲むのは久しぶりなんです!と、いつにも増して楽しみな様子で、はしご酒がスタートしました。

早速、目当てのお店へ…と思ったら、開店前。近くのお店のテラス席にコタツが出ているのを発見し、吸い込まれるように入店です。

まずはコタツでビール。本当においしそうに飲まれますよね…!
上から見るとこんな感じ。暖かかった…

軽く1杯いただいたところで、目当てのお店の提灯がともりました。コタツに後ろ髪をひかれつつも、早速移動です。

普段お店を選ぶ時の基準や赤提灯の魅力について話しながら、焼きとんとオリジナルの一品料理をつまみに、焼酎がすすみます。

楽しみにしていただけあって、このお店が大当たり!磯部さんもすっかり気に入ったようでした。

年季の入ったカウンターや壁のポスターなど、なんとも雰囲気が良いお店
ドンピシャな赤提灯に出合えて、磯部さんも楽しそうです~

今回は、はしご酒の途中に喫茶店で小休止。そこで、初回以降全く進んでいない「一曲完成への道」の話になりました(担当も、はしご酒を楽しみ過ぎて毎度忘れがち) 。果たして曲作りは進むのか!?

小休止した喫茶店での一枚。少し加工したら、お店の雰囲気も相まってかなりレトロな雰囲気に…!アイスコーヒーを2杯いっぺんに頼んで、酔い醒ましです

最後は、磯部さんのリクエストでお蕎麦をいただき、荻窪でのはしご酒は〆となりました。

アイスコーヒーで復活したので、最後はお蕎麦と日本酒で
道中、お店の壁に「クラフトビール」と書かれたつまみを見つけて興味津々

『おとなの週末2023年1月号』は12月15日(木)発売!

荻窪でのはしご酒の全貌は、ぜひ本誌でご確認ください!

おとなの週末2023年1月号

いそべ・ひろゆき/12月29日生まれ。NEWアルバム『But wait. Cats?』を7月にリリースした人気ロックバンド[Alexandros]のベース&コーラスを担当。今月、夏から続いたツアーを終え、年末にかけて複数のフェスに出演が決まっている。メンバーの中で一番のお酒好きで、バーで寡黙に飲むのはもちろん、赤提灯を渡り歩くはしご酒もこよなく愛する。ちなみに料理が趣味で、得意料理はパスタにタコス。

文・撮影/編集部

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...